« トホシオサゾウムシ@観音崎 | トップページ | SOFT TARGET by STEPHEN HUNTER »

2012.11.09

イボバッタ@観音崎

Img_6516
ヒナカマキリを探すために地面を意識してゆっくり歩いていると地味なバッタを発見することができた。素晴らしい保護色である。写真を良く見てもどこがどうなっているのか分かりにくいほどである。
一直線に伸びた翅が特徴的。腹部先端=後脚踵部。翅は一番長い。体は全体に褐色で濃淡がまだらになっている。後脚内側には黒白の斑模様になっている。複眼にも横線があり、徹底している。イボバッタ
下はショウリョウバッタ?にしては後脚が短い。ショウリョウバッタモドキ?にしては触角が短く背に褐色味がないし、翅が短い。いやオンブバッタである。こうしておんぶせずに一頭でいると分かりにくい。以上の2個体は公園の明るい地面で見つけた。
この日は前回の反省で、三浦半島1dayきっぷは使用せず、観音崎以外には行かなかった。11月3日、観音崎公園にて
Img_6519

|

« トホシオサゾウムシ@観音崎 | トップページ | SOFT TARGET by STEPHEN HUNTER »

バッタ類」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

横須賀市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トホシオサゾウムシ@観音崎 | トップページ | SOFT TARGET by STEPHEN HUNTER »