« ミナミカマバエ@四季の森公園 | トップページ | マユタテアカネ手乗り@四季の森公園 »

2012.11.13

コゲラ@四季の森公園

Img_6629

Img_6644
四季の森公園では冬鳥を探したが、特に見つからなかった。マヒワ、シメ、ウソなど期待していたが残念。代わりに、竹柵検索中に自分のすぐ頭の上でコゲラがサービスしてくれた。コツコツと幹をつついては昆虫の幼虫やクモなど探していたのだろう。樹にとっては害虫退治をしてくれる存在なおかつ、穴をあけられて迷惑な存在かもしれない。我が(いや娘の)一眼カメラはAPS-Cなので望遠レンズ250mmが375mm相当の画角で写るので野鳥が撮りやすい。このためコンデジに比べて相当気軽に撮れるようになった。
下はマユタテアカネを撮っていたら、すぐ近くに降りてきたハシボソガラス。3mぐらいに寄って来て、妙に人慣れしているのか、ちっとも物おじしなかったので一応記念に撮ってやったもの。今年生まれの個体かもしれない。眼差しを見るとある程度の知性が感じられた。
11月10日、四季の森公園にて
Img_6705

|

« ミナミカマバエ@四季の森公園 | トップページ | マユタテアカネ手乗り@四季の森公園 »

四季の森公園」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

今晩は。Canonのカメラは同じAPS-Cでもセンサーのサイズが少し小さくて35mm換算ですと1.6倍になります。250mmですと400mm相当ですね。望遠やマクロではほんの少しだけ有利になります。本当に細かい事ですいませんm(_ _)m

投稿: 虫好き | 2012.11.13 22:14

虫好きさんこんばんは。APS-Cにも微妙な差があるんですね。知りませんでした。eos Kissの中でもさらに差があるんですね。1.6倍となると250mmが400mmで、昔canon A-1に300mmをつけていた時よりもだいぶ長いことになり、なるほどと思いました。レンズ地獄に落ちる一歩手前ですcoldsweats02

投稿: はるきょん | 2012.11.14 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミナミカマバエ@四季の森公園 | トップページ | マユタテアカネ手乗り@四季の森公園 »