« オナガガモ♀@鶴見川 | トップページ | オナガガモの腰@鶴見川 »

2012.12.12

ヨシガモの三列風切1206@鶴見川

Img_8834

Img_8992
鶴見川の例のヨシガモ♂の三列風切の12月6日の状況。ご覧のようにだいぶ伸び、垂れるようになっていた。
違いが分かりやすいように11月24日の状態と比べてもらいたい
三列風切以外にも脇と肩羽にあった褐色の羽が脱落している。また尾筒脇のクリーム色の部分が綺麗にそろった。
二枚目の写真で風によって肩羽が一枚めくれている。これは旧羽ではないかと思う。こういうものがすべてなくなれば夏羽への換羽が完了と言えよう。
このヨシガモ♂は相当の時間見つめていたが、絶対に翼を開いて見せてくれなかった。ただ、岸から飛び降りる瞬間だけ翼を開いたのを撮影させてくれた。写真下。次列風切は9枚見え、翼鏡が緑色で羽縁は幅狭く白。三列風切は次列と比べるとまだ短く細い。大中雨覆は白。初列はちゃんと10枚当り前に見えている。
12月6日、鶴見川にて
Img_8806

|

« オナガガモ♀@鶴見川 | トップページ | オナガガモの腰@鶴見川 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オナガガモ♀@鶴見川 | トップページ | オナガガモの腰@鶴見川 »