« このペーパーバックがすごい!2012 | トップページ | ヒドリガモ灰色型♀?@鶴見川 »

2012.12.08

オオカマキリ@北八朔公園

R0086350

R0086364
北八朔公園に限らず、どこでも昆虫自体が少ない時期。トンボとハエ以外で見られたのはこのオオカマキリのみだった。気温が低かったので動きがとても鈍く、左手にご招待してみたが鎌で挟む力も弱く、ちっとも怖くなかった。悲しいことにこれが変温動物の性。全体に褐色をしているので褐色型というようだ。前脚の鎌の棘はご丁寧にも左右に2列で10本以上もあり凄い。また最前にある牙のような鋭く大きな棘はライオンの牙と同じで致命傷を与える最終兵器なのだろう。
下は腹部先端部。長い尾毛がある。そして、穴があいている。もしかするとハリガネムシに食い破られた痕なのかもしれないと思うがどうだろう。そして、詳細には分からないが産卵器官らしきが見えずシンプルなのでなのではないかと思う。一番下に頭部のアップを掲載する。触角の間にある3個の単眼が目立つ点も♂を示唆している。
12月1日、北八朔公園にて
R0086360

R0086354

|

« このペーパーバックがすごい!2012 | トップページ | ヒドリガモ灰色型♀?@鶴見川 »

バッタ類」カテゴリの記事

北八朔公園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« このペーパーバックがすごい!2012 | トップページ | ヒドリガモ灰色型♀?@鶴見川 »