« ヨシガモ♂1212@鶴見川 | トップページ | カモの飛翔@鶴見川 »

2012.12.16

ヒナバッタ♂@鶴見川

R0086654

R0086673
鶴見川のカモ広場そばの土手斜面に立ち、植物になったつもりで心を落ち着けて耳を澄ますとジジジジジジという小さな鳴き声が聞こえ今冬も居ることが分かった。しばし佇み、眼を凝らしていると小さくピョンと飛びはねる個体を発見出来た。90cmまで寄れる双眼鏡でそっと観察するとヒナバッタ♂である。
このバッタ、全体に褐色の土色(あるいは枯葉色)なのだが腹部に特徴がある。腹部前半は淡色と黒のまだら模様後半は明るいオレンジ色腹部裏側は黄緑色とけっこう派手目なデザインである。上の二枚は同一個体。
撮影中はこの個体は鳴かなかったのでどうやって音を出しているのかがまだ分からない。翅を擦り合わせているのか?これは今シーズンの課題。
だいぶ粘ってみたが♀は現れなかった。
昨冬から見ているこのヒナバッタの分布域は鶴見川の土手のごく狭い一箇所であるが、この冬は範囲を広げて探してみることにしたい。これが課題その二だ。
12月12日、鶴見川にて

|

« ヨシガモ♂1212@鶴見川 | トップページ | カモの飛翔@鶴見川 »

バッタ類」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はるきょんさん。

今年の冬はツチイナゴの観察から始まったような記憶があります。早いもので、もうすぐ1年になります。今冬はヒナバッタの観察も挑戦したいと思います。(夏のヒナバッタのページに場所のヒントがありましたので、探してみます)lovely

投稿: カリエールの霧 | 2012.12.16 19:58

カリエールの霧さんこんばんは。ヒナバッタはあと一ヶ月ぐらいは見られると思います。冬に見られる貴重な昆虫です。ヒナバッタの5件の記事のあちこちにいろんなヒントがちりばめられていると思うので良く読んでぜひ見つけてくださいscissors。具体的な場所は別になんの秘密でもないのでお教えしてもいいのですが、限られた資料と地図をにらめっこしていろいろ思いめぐらしてから現地に出かけるのも結構楽しいのではないかと思います。

投稿: はるきょん | 2012.12.16 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨシガモ♂1212@鶴見川 | トップページ | カモの飛翔@鶴見川 »