« ヨシガモ♂4♀1@鶴見川 | トップページ | ヒバリの三列風切@新横浜公園 »

2013.01.03

ヒナバッタ♂の鳴き方@鶴見川土手

R0086855
元旦の午前中は初詣で師岡熊野神社に行ってきた。快晴で風も無く穏やかな良いお正月だった。午後は鶴見川にヒナバッタを探しに行ってきた。
カモ広場周辺を探したがやはり、いつもの一帯のみでしか見られなかった。せいぜい30m程度の幅しかないようだ。移動性が少ないのだろうか。
さて、今回はヒナバッタ♂の鳴き方を見るのが主眼だったので、「鳴くまで待とう」作戦で観察しながら待ちに待ってみた。近寄るとヒナバッタはやはり何か危険を感じるためか、あまり鳴かなくなる。だが、辛抱強く待つとついに鳴いてくれた。鳴き方はこうだ。
長い後肢を立て、腿節と脛節の間の関節(ヒトで言えば膝に相当する部分)が上にある状態で左右の肢を交互に動かしながらジジジジジという音を立てていた
形体から想像するに、肢の腿節の内側と、後翅前半分辺りを擦り合わせているのではないか。
上の写真はボケボケで申し訳ないが、これが鳴いているときのもの。
下で腹部の黒白まだらの部分の上にある後翅の側面に色の濃い筋が見える。トンボで言えば翅脈だが、やや凹んだ部分があり、ここに擦りつけているのではないかと思う。
鳴いているシーンを動画で撮ったのだが編集の方法が分からないため利用できず、ちょっと調査中。
1月1日、鶴見川土手にて
R0086866

R0086865

|

« ヨシガモ♂4♀1@鶴見川 | トップページ | ヒバリの三列風切@新横浜公園 »

バッタ類」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨシガモ♂4♀1@鶴見川 | トップページ | ヒバリの三列風切@新横浜公園 »