« 鶴見七福神2013 | トップページ | ハクセキレイの三列風切@鶴見川 »

2013.01.12

オナガ@鶴見川

Img_1313
鶴見川の河川敷でよく目にするオナガ。河川敷や土手の植物の実などを食べているようだ。汚い鳴き声を出しながら10羽程度の群でいることが多い。
コンデジCX-5だとちょっと遠くて撮れないので、これまで諦めていたのだが、一眼の250mmならけっこう撮れることに気付き、はじめて狙ってみた。
オナガの注目点はやはり長い尾羽。ものの本によると左右6枚づつの12枚。中央尾羽が非常に長く、外に向かうにつれてだんだんと短くなる。(尾羽は重なると中央側が一番上にくる。これは風切羽でも同様で体の中心に近い羽が一番上で外側が一番下になる)
写真でもそれが分かる。一番上に重なる中央尾羽のみ先端部が幅広く白い。幼鳥では尾羽すべての先端に白があるらしいのでこの個体は成鳥ということになる。雌雄同色のためオスかメスかは識別は出来なかった。
頭部はご覧のように黒いキャップをかぶっている。頭部下半分から腹部にかけて純白。翼は水色をしていてとても目立つ。すくなくとも7枚から9枚の初列風切の外弁に欠刻的な段差があるように見える。
1月6日、鶴見川にて
Img_1320

|

« 鶴見七福神2013 | トップページ | ハクセキレイの三列風切@鶴見川 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴見七福神2013 | トップページ | ハクセキレイの三列風切@鶴見川 »