« 大山登山マラソンの直前練習 | トップページ | オオタカ幼鳥@新横浜公園 »

2013.02.25

ノスリ幼鳥@新横浜公園

Img_6367

Img_6369
午後、新横浜公園にママチャリで出かけてみた。天気は良いのに気温が低く、ものすごく寒かった。
鶴見川の河川敷は行政の工事によって、雑木が取り払われ、草藪も取り除かれ、ゴミも撤去されようとしていた。これまでたくさんあったオニグルミの樹が全滅し、3月には綺麗な花を咲かせていたハナモモの樹もあとかたも無くなってしまった。この結果予想されるのは今シーズンは河川敷に無断耕作の畑がたくさん出来そうだということだ。鶴見川をどういう姿にしておきたいのか行政の意図が分からない。
さて、ちょうど先月ノスリを見つけたポイントでなんとふたたびノスリを見ることができた。ここを止まり木にしているのだろう。
しばらく観察していると飛んだので、その瞬間を撮影した。翼見ると風切羽も尾羽もボロボロに擦れている。ということは先週みたあの個体と同一個体かもしれないと気付いた。この記事の二枚目の個体である。
さて一枚目の写真から分かることは、虹彩が淡色であることだ。瞳孔は黒いがその周りがやや黄色っぽい。ということでこれは幼鳥。生まれてまだ一年たっていない。すると初列も次列も三列も尾羽も幼羽ということになる。ものの本によると風切羽は二年目の秋に換羽するという。
それにしても特に尾羽も擦れ方は酷い。早く換羽した方がいいのではないかと思う。ま、飛翔に支障がないのなら良いのだが。
2月23日、新横浜公園にて
Img_6372

|

« 大山登山マラソンの直前練習 | トップページ | オオタカ幼鳥@新横浜公園 »

新横浜公園」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はるきょんさん。

そうですか、河川敷はいろいろと撤去されてしまいましたか・・・。1月にキチョウが見られるという昨年の新聞記事をもとに、今シーズン河川敷をうろうろしていて結局みられず、オニグルミの冬芽を撮影したのを思い出します。また、藪(?)の中にいたホオジロは大丈夫でしたでしょうか???

どうせ、目的も何もない、横浜市の予算消化工事なのではないでしょうか?横浜市民としては少々、腹が立ちます。

投稿: カリエールの霧 | 2013.02.25 20:47

カリエールの霧さんこんばんは。河川敷は藪も無くなっています。ムクドリがやたらたくさんいて、餌をとっていたりしました。やたらと整地されてしまい、人工的な印象がとても強くなっています。

投稿: はるきょん | 2013.02.25 21:34

そういえば、第三京浜より下流の管轄は建設省のため、そのあたりは一切手がつけられていません。その辺に小鳥たちは集まっているかもしれません。このノスリもそうですが。

投稿: はるきょん | 2013.02.25 21:48

こんばんは、はるきょんさん。

失礼しました。鶴見川は1級河川なので、管轄は市ではなかったですね。いづれにしても、環境保護と反するような行政の対応は考え物です・・・。

投稿: カリエールの霧 | 2013.02.26 21:25

カリエールの霧さんこんばんは。第三京浜より下流は国土交通省、上は神奈川県の管理のようですね。そして、町田市の部分は東京都ですね。というわけで今回の個所は神奈川県管理に該当します。ノスリがいたのは国土交通省、シメがいたのは神奈川県の範囲になります。ちなみに鶴見川の支流は横浜市の管理のようです。

投稿: はるきょん | 2013.02.27 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大山登山マラソンの直前練習 | トップページ | オオタカ幼鳥@新横浜公園 »