« 小型シロカモメ@三浦海岸 | トップページ | ミサゴ@三浦海岸 »

2013.02.15

トビ成鳥@三浦海岸

Img_3382

Img_3386
トビは一番身近な猛禽類である。先日ワシタカ・ハヤブサ識別図鑑というのを入手して、トビの成鳥・幼鳥などの見分け方を学習したので三浦海岸で実践してみた。上は同一個体。
まず、6枚のフィンガーが目立つ。P5-P10の外側初列風切が欠刻により先細になっているため、隙間があき分離して見える。内側初列風切P4-P1は次列風切と似ており、隙間無い翼を形成している。
外側初列風切の基部は白く、内側初列と連続して淡色斑をなしている。初列風切には暗色の横斑が目立つ。
2枚目で翼の下面が撮れた。下小雨覆は赤褐色、下大雨覆・下中雨覆・下小雨覆の下列は茶色に見える。
尾は全体に尖った三角形で、暗色の横斑が入っている。左右6枚づつの合計12枚の尾羽からなる。次列は10枚程度。
体羽に淡色の縦斑が見られないので成鳥と思われる。
下は昨年10月20日に城が島で撮影したもの。止まっているトビはだらしない印象の写真になりやすいが、一応格好よく、猛禽の雰囲気がある。こちらも成鳥。
トビは雌雄を見分けることは出来ないようだ。
2月10日、三浦海岸にて
Img_5199

|

« 小型シロカモメ@三浦海岸 | トップページ | ミサゴ@三浦海岸 »

三浦市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん今晩は。確かにトビは身近な猛禽ですねー。今年の年明け早々に城ケ島にトビのとまりものを撮りに行きましたが、トビを撮る、観察は三浦半島が一番だと思います。

投稿: 虫好き | 2013.02.15 22:29

虫好きさんおはようございます。ある特定のテーマを持って見ればトビにも関心が湧きますね。今日は久しぶりに四季の森公園に行ってみました。天気は良いのですが、あまりの寒さにもう帰ってきました。weep

投稿: はるきょん | 2013.02.16 11:45

先日鎌倉に出かけたとき、実に良い声で鳴いていました。

きれいに撮影できてすごいなーと思います。こうして見ると実に優れた飛翔マシンであるな、と感じます。

投稿: Shira | 2013.02.16 19:04

Shiraさんこんばんは。トビは長時間空にとどまるので優れた「飛翔マシン」である必要があるんでしょうね。風切羽いちまい一枚の適切な強度と形と長さの組み合わせでこのような翼を形成しそれでたくみに飛翔できるわけなので、実によくできているとしか言いようがありません。

投稿: はるきょん | 2013.02.16 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小型シロカモメ@三浦海岸 | トップページ | ミサゴ@三浦海岸 »