« ハンノキハムシ@梅田川 | トップページ | アシブトハナアブ交尾@新治市民の森 »

2013.04.02

カワウの行動あれこれ@梅田川

Img_9498

Img_9515
しばらく近距離でカワウを観察していたが、尾羽を持ち上げたと思ったらびゃーっと真っ白い糞をした。それから水に入り、潜っていたと思ったら、赤い魚を捕えて浮かんできて、あっという間に呑み込んだ。よくもまぁそんなに大きな魚を丸のみ出来るもんだ。これなら一気に満腹だろう。その後は濡れた羽を乾かし始めた。水中で餌を捕るのに、濡れた羽をいちいち乾かさねばならないということがどこか間抜けな印象を与えている。
水面にいるときの背がほとんど水面あたりにあり、体が沈んでいる。ユリカモメなど腹の一部だけを水面下にしただけで不思議なほど体のほとんどが水面から出ているのに対してカワウは水中での餌採りに適した体つきなのだろう。
3月30日、梅田川にて
Img_9567

|

« ハンノキハムシ@梅田川 | トップページ | アシブトハナアブ交尾@新治市民の森 »

梅田川」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

Proctor and Gamble を大きく発展させた経営者 Lafley さんの著作 Playing to Win を読んでいます。

Where to play
How to win

この二つが戦略に欠かせず、相互に影響し合うと述べています。

カワウは
潜水能力の増強
という道を歩んだのだなあ、と思いました。

投稿: Shira | 2013.04.03 11:12

Shiraさんこんばんは。カワウが魚を食べて糞をして羽を乾かしている記事から経営戦略にたどり着くとは素晴らしいですgood。水中を自由に素早く泳いで魚を獲るという戦略を選んだということですね。普通の鳥にある撥水機能が無い方が水中では有利なんでしょうね。

投稿: はるきょん | 2013.04.03 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンノキハムシ@梅田川 | トップページ | アシブトハナアブ交尾@新治市民の森 »