« ナカスジカレキゾウムシ@梅田川 | トップページ | The Old Man and the Sea by Ernest Hemingway »

2013.04.20

ナガバノスミレサイシン@道志村

R0089305

道志村の間伐ボランティアでは作業の合間にちょっとだけ自然観察をするのが楽しみなのだが、今回は杉林の沢沿いの林分だったので、沢の周辺でムカシトンボが居ないかを探してみた。時期的にはばっちりなのだが、産卵の基盤となる植生が乏しいことと、なにより杉林という単純な環境では生息していないらしく、残念ながら見つからなかった。
ミソサザイが複雑で素晴らしい囀りでなぐさめてくれていたが、こちらも姿を捉えられず。
ほんの数枚しか撮れなかった中からスミレ。花だけ見れば一見タチツボスミレなのだが、葉が長く、鋸歯があるので、これはちょっと違うなぁと撮影しておいたもの。久しぶりにスミレの図鑑を取りい出して調べてみた。ナガバノスミレサイシンと思われる。側弁に毛はなく、葉先はするどくとがらない。、祝!初見
下はおまけで、横浜市関内の横浜スタジアム周囲の横浜公園で満開になっていたチューリップ。見頃だった。道志水源林ボランティアの集合場所のすぐ近くだったので朝寄ってみたときのもの。他にも数えきれないぐらいの種類が咲いていた。
4月13日、山梨県道志村にて
R0089271

|

« ナカスジカレキゾウムシ@梅田川 | トップページ | The Old Man and the Sea by Ernest Hemingway »

自然」カテゴリの記事

草本類」カテゴリの記事

道志村」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はるきょんさん。

僕は本日、生命の星・地球博物館の学芸員の方の引率で、新治に行ってきました。一人ではまず見逃すところでしたが、みなさんと一緒でしたので、キンラン・ギンランやホウチャクソウを見ることができましたheart04

スミレも奥がふかいですよね。今日はニョイスミレとタチツボスミレを見つけることができましたが、一人では判定が難しいので、一層の精進が必要ですcoldsweats01

投稿: カリエールの霧 | 2013.04.20 21:37

カリエールの霧さんこんばんは。自分も今日新治に行きましたが、気温が低いのと天気が曇りで収穫はイマイチでした。大勢の子ども連れグループには遭遇しませんでした。もうキンラン・ギンランが出ていましたか。トンボばかり気になっていて、最近は草本系に時間を割けていませんcoldsweats01。このスミレはなんとか分かりましたが、スミレは種類が多く、識別ポイントも難しいので苦手です。

投稿: はるきょん | 2013.04.20 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナカスジカレキゾウムシ@梅田川 | トップページ | The Old Man and the Sea by Ernest Hemingway »