« リンゴヒゲナガゾウムシ@梅田川 | トップページ | チャバネフユエダシャク幼虫@梅田川 »

2013.04.30

キボシアシナガバチ女王蜂の営巣@新治市民の森

R0089878
梅田川のあとは新治市民の森に向かった。ニワトコヤマブキヒメコウゾなどを観察していると、葉の裏に何かが見えた。蜂の巣だ。小さい。そして大きな蜂がなにやら作業しているようだ。しばらく観察しているうちに、これは女王蜂による新巣作りではないかと思い当たった。ハチは模様からキボシアシナガバチ
このハチは昨年秋に一度紹介している
春先にこうして新しい巣をつくり、女王は少数の卵を産み、働きバチ(メス)が生まれる。彼らの働きで巣はだんだん大きくなり、夏には第二世代の♂バチが生まれる。この巣がひと夏永続するのかチェックしてみたいが、巣のついていた場所からするとあまり大きくはなれないかもしれない。実はこの日朝NHKテレビでこうしたハチの生活の紹介番組を見ていたので、ちょうどよいタイミングだった。意外なことにハチの天敵はアリで、ハチの巣をアリが攻撃してこないように女王蜂はアリの忌避剤を巣に塗るのだそうだ。
4月20日、新治市民の森にて
R0089881

|

« リンゴヒゲナガゾウムシ@梅田川 | トップページ | チャバネフユエダシャク幼虫@梅田川 »

ハチ・アリ類」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん、こんばんは。happy01

今日、梅田川でヤマサナエ見ました。昨日新治でも見たような。はるきょんさんは、とっくに見ているでしょうけど。

投稿: てまり | 2013.05.01 12:19

てまりさんこんにちは。連休前半は帰省していて、お返事できず、申し訳ありません。ヤマサナエの時期になりましたね。27日に羽化を観察しました。今年は全体的に早いようです。新治に近いっていいですねhappy01

投稿: はるきょん | 2013.05.02 09:13

ハチの営巣…

これだけの情報が遺伝子に乗っているといういのが驚異です。

投稿: Shira | 2013.05.02 23:19

Shiraさんこんにちは。例えば、トンボが飛ぶことができる機能については、体の中で一番大きな筋肉を動かせば翅を羽ばたいて中に浮くわけなので特に疑問は感じませんが、たくさん似た種類のいる中で同種のメスを見分けることについてはどういう仕組みで遺伝子に折りたたまれているのか謎で不思議に思います(自分が知らないだけかもしれませんが)。ハチがこの時期になるとどういう場所でどういう形の巣を作り、アリに襲われないようにどんな対策をするのか、というとても複雑な作業を本能的にしているのはまったくもって驚異ですhappy01

投稿: はるきょん | 2013.05.03 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リンゴヒゲナガゾウムシ@梅田川 | トップページ | チャバネフユエダシャク幼虫@梅田川 »