« ホンサナエ@箱根 | トップページ | スカシシリアゲモドキ@道志村 »

2013.05.31

ミヤマハンミョウ@箱根

Img_0194
ホンサナエ♀の死骸の存在をおしえてくれたのは実はこのハンミョウだった。よく見るとこれまで見たことのないパターンのようだ。調べてみるとコニワハンミョウと判明。さらにふ節が太いことから♂。祝!初見。鋭い顎に翅鞘のクリーム色の模様、なかなかかっこ良いではないか。慎重に近づくことでやっと撮れた。
★6/3追記 コニワハンミョウは乾いた砂地に生息するが、ここは湿った場所だったこと。体形が細長くコニワと異なること。脚の長さが長いこと。口の上唇(クリーム色)の前縁が突出することなどからミヤマハンミョウに訂正します。写真も入れ替えました。
下は不明種。最初トンボ?いやツノトンボか?と思って飛ぶのを眼で追って行ってやっと止まって撮影できた。湿地をふわふわと飛びなかなか止まらなかった。全身オレンジ色。触角が非常に長い。良く見ると脚の途中に棘がある。胸につながる腹部が非常に細くなっており、脚と同じ太さほどである。ベッコウアメバチモドキかな。腹部先端に棘のようなものが出ているので産卵管とすればメスかも。ご意見乞う。
5月26日、箱根町にて
Img_0236

|

« ホンサナエ@箱根 | トップページ | スカシシリアゲモドキ@道志村 »

その他甲虫」カテゴリの記事

ハチ・アリ類」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

神奈川県西部」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

この写真だけだとなんとも言えないのではないでしょうか。
『Information station of Parasitoid wasps』
OPHIONINAE Shuckard, 1840 アメバチ亜科

http://himebati.jimdo.com/%E5%AF%84%E7%94%9F%E8%9C%82%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%A8%E7%89%B9%E5%BE%B4-%E5%86%99%E7%9C%9F/%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%90%E3%83%81%E7%A7%91-ichneumonidae/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%90%E3%83%81%E4%BA%9C%E7%A7%91-ophioninae/

[同定の際の注意] に何だかいろいろ説明が書かれていました。

投稿: 霧のもり | 2013.05.31 21:35

霧のもりさんこんばんは。素晴らしいサイト紹介いただきありがとうございます。少し読んでみましたが、この写真ではなんとも言いようがない...ですね。しかし、たった一つのヒメバチ科にすごい数の種があることに驚きます。そもそもヒメバチかコマユバチかさえも分からないようです。shock

投稿: はるきょん | 2013.06.01 22:08

はるきょんさん今晩は。コニワハンミョウは黒っぽく見えますがミヤマハンミョウではないでしょうか?箱根あたりならいても不思議ではないですし。

投稿: 虫好き | 2013.06.02 23:56

虫好きさんこんばんは。そうですね。居た環境は湿った場所でしたし、脚の長さなどから考えてミヤマハンミョウのようです。間違えましたcoldsweats01

投稿: はるきょん | 2013.06.03 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホンサナエ@箱根 | トップページ | スカシシリアゲモドキ@道志村 »