« ツマグロハナカミキリ | トップページ | トゲヒシバッタ »

2013.05.11

ヒメスギカミキリ@新治市民の森

R0091021

R0091053
新治市民の森に新しく置かれたスギの玉切りを見つけた。切り口の肌理の粗さはスギだろう。カミキリが見つかるかもしれないと思って近づいたら、思った通りに小さなカミキリが数頭、小走りにあっちに行ったりこっちに来たり。ものすごくすばしこく、撮影が追い付かず、しばし呆然。ふとひらめき、羽化殻回収用に持ってきた透明ケースを取り出だし捕獲を試みると簡単に捕獲成功。蓋を閉めて、しばらく肉眼で観察するも、無限の元気で走りまわる走りまわる。永久機関か?君は!みたいなエナジーでぐるぐると限りなし。さて、これは困った。撮影出来んじゃないか。近くのスギの切り株に腰をおろし、こ奴が疲れるのを休憩しながら待ってみた。すると待つこと数分で動かなくなった。よしよし。そおっとケースを切り株に伏せて置き、ケースを取り去り、撮影する。疲れたカミキリ君は逃げられるにもかかわらず、逃げなかった。なんらかの学習効果だろう。
全身黒いが、翅鞘肩の部分が少し赤い。前胸部はやや丸い。前中後脚の腿節が膨らんでいる。触角は長く節が太くなっている。触角第一節は太い。翅鞘には細かい点刻が密に散らばり、細い毛があるようだ。
ヒメスギカミキリ♂である。祝!初見。撮影後はもちろん、元の場所にリリースしたところふたたび元気に動き出したので一安心。
5月4日、新治市民の森にて

|

« ツマグロハナカミキリ | トップページ | トゲヒシバッタ »

カミキリ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツマグロハナカミキリ | トップページ | トゲヒシバッタ »