« シオカラトンボ羽化@鶴見川ビオトープ | トップページ | アカホシテントウ幼虫 »

2013.05.06

ヤナギルリハムシ成虫と幼虫@駕与丁池

R0090362
駕与丁池で見つけたヤナギルリハムシルリマルノミハムシによく似ているが、翅鞘の質感が異なり、全体に艶はあるものの細かい凸があり、ルリマルのようなテカリ感がない。また、体形がルリマルよりもさらに丸い。
池の畔のヤナギ(詳細は不明)についていた。実は先に幼虫を発見してから、この成虫を見つけた。
幼虫はヤナギの葉にまとまってぶら下がっていて、その異様な姿に驚いた。淡いグレー地に黒点がたくさんある。腹部先端で葉にくっついている。これは幼虫の何齢かへの脱皮なのか、それとも蛹化なのか?不思議感でいっぱいになった。
この近くには活動している幼虫もおり、こちらは黒い脚が3対、背に2対の黒点の列、体の端の黒斑は尖る。ヤナギの葉は食い荒らされていた。見る人によっては害虫の気持ち悪い光景だ。昔の自分でもそうだったろう。しかし、これが自然であり、ヤナギルリハムシにとってはまったく極当然の営みなのだ。たくさんいたが、これによってヤナギの葉が全滅するわけでもない。
こうして幼虫と成虫がまとまって見られたので調べやすかったが、そうでないと困難度は高かったはず。
4月30日、福岡県糟屋町駕与丁池にて
R0090360

R0090361

|

« シオカラトンボ羽化@鶴見川ビオトープ | トップページ | アカホシテントウ幼虫 »

ハムシ」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

駕与丁池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シオカラトンボ羽化@鶴見川ビオトープ | トップページ | アカホシテントウ幼虫 »