« セダカコガシラアブ@箱根 | トップページ | ヤマキマダラヒカゲ@箱根 »

2013.06.03

クロスジギンヤンマ産卵@箱根

Img_0387

Img_0413
箱根は山の上なので雲がかかりやすく、平地で晴れていても箱根では曇りとなることが多い。この日もそうで、午前中はほぼくもっていて、昆虫の出は悪かった。しかし昼前ごろから急に雲が取れて日が差してきたので、それまでどこかに隠れていたトンボが急に飛び出し始めた。上はクロスジギンヤンマの産卵。猛烈なスピードで飛び回り、産卵に適した場所を見つけるとそそくさと卵を産みつけて行った。当方としてはこの幸運な一瞬を逃すまじとシャッターを押しっぱなしとなった。また当然のごとく息を止めて撮影に熱中したので多少の呼吸困難となった。ふ~。この個体は複眼の色がちょっと淡い感じがする。翅がまだ綺麗である。
さて、最近多用している日本の昆虫1400であるが、ヤンマについてもホワイトバックで平らな姿勢で綺麗に撮影されている。通常ヤンマ類はぶら下がってとまるので水平に止まることはないのでちょっとだけ違和感がある。しかし、脚を除けば飛翔中の姿に近いので、ある意味すばらしい。どうやったらヤンマをこうして綺麗に撮影できるのか興味津津である。5月26日、箱根にて

|

« セダカコガシラアブ@箱根 | トップページ | ヤマキマダラヒカゲ@箱根 »

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

神奈川県西部」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セダカコガシラアブ@箱根 | トップページ | ヤマキマダラヒカゲ@箱根 »