« ウラナミアカシジミ | トップページ | ダビドサナエ♂と羽化殻 »

2013.06.10

ダビドサナエ♀

Img_0995

Img_1020
長靴で川の浅い部分に少し入り、ミヤマカワトンボアサヒナカワトンボなどを撮影していたとき、小型のサナエが飛んで背後の木立に止まったのに気づいた。カワトンボを驚かさないように、尻もちをついて水に濡れないように慎重に体を捻って首を回し、止まったあたりを精査する。いた。そっと双眼鏡を持ち上げて観察すると、小型の黄色と黒模様なサナエがもじもじしていた。しばらく撮影・観察していると腹部を曲げて産卵するかのような動作をし始めた。写真一枚目で葉腹部先端に卵らしき茶色のものが少し見える。
二枚目は別個体。腹部先端が♂っぽいが腹部がストレートに太く♀。こちらは翅がまだ綺麗。
下はまたまた別個体。これが一番近づけた。左中脚ふ節が欠落している。この日はアユ漁の解禁日だったらしく大勢の釣り人が川に入っており、こういったサナエを見るには良かったのか悪かったのか判断はつかないが、とにかくダビドサナエはよく見ることができた。
6月1日、神奈川県北部にて

Img_1025

|

« ウラナミアカシジミ | トップページ | ダビドサナエ♂と羽化殻 »

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

神奈川県北部」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウラナミアカシジミ | トップページ | ダビドサナエ♂と羽化殻 »