« ヒオドシチョウ? | トップページ | ドウガネサルハムシ@新治市民の森 »

2013.06.22

クロカミキリ

R0093081

この日は朝早くから新治に出かけた。黒王号を厩舎(自転車置き場ともいうが)から出すときに、その扉の前でこやつを発見した。さてはマンションの夜間ライトトラップに引っかかったな。早起きは三文の徳という。リュックからコンデジを取り出だし、左手に御招待の上さっそく撮影。左中指にがぶりと噛みつきやがった。しかし微妙に耐えられたのでそのまま撮影。
前胸はやや丸く細かい凹凸がありざらざらした印象を受ける。写真では分からないが前胸と翅鞘の間の関節的な部分(中胸か)が対照的につるつるしていた。顎はご覧のとおりで短く鋭く尖り強力。複眼は丸く半分ほど出っ張る。触角は短く、チューリップ型の節が11節からなる。触角が11節という昆虫が多いように感じるが何か特別の法則でもあるのだろうか。翅鞘(前翅)には縦筋がある。脚は長くない。全身焦げ茶色。全体に丸々としていて胸や腹部に厚みがある。クロカミキリ
以前福岡県駕与丁池で見ているので二回目のご対面である。祝!再会
この日は新治で虫好きさんに偶然出会い、ミドリカミキリの情報を教えていただいたので、探しに行ったのだが見つからず、代わりに見つけたのが下。ルリボシカミキリ。残念なことに右翅鞘が欠落していた。しかし撮影後元気に飛んで行った。後翅が揃っていれば翅鞘が欠落していても飛翔自体に支障は無いようである。達者でな。この日、カミキリはこの他にラミーカミキリたくさん、ベニカミキリ数頭などを見ることができた。
6月15日自宅と新治市民の森で撮影

R0093201

|

« ヒオドシチョウ? | トップページ | ドウガネサルハムシ@新治市民の森 »

カミキリ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鴨居近辺事情」カテゴリの記事

コメント

今晩は。代わりに見つけた青というのはこれだったんですね。何だろうと色々想像して、アオカミキリモドキかなと思っていました。自宅でクロカミキリとは羨ましい。一度死骸を見ただけなのでbearing

投稿: 虫好き | 2013.06.23 21:51

虫好きさんこんばんは。クロカミキリとの出会いはどういうわけかヘンなところです。ルリボシはこれでも結構嬉しかったです。触角のボンボンがたまりません。今日は東京の里山と川に足を伸ばしてみましたが、アレもコレも見れず疲れ果てていますcrying。素晴らしい環境でしたがなかなか手ごわいです。

投稿: はるきょん | 2013.06.23 22:31

例の里山でしょうか?そっちのアオは見られなかったんですか、まだこれからがピークのはずなんですが。自分が見たのは大きな橋の上流側の河原でした。

投稿: 虫好き | 2013.06.24 21:35

虫隙さんこんばんは。前回教えていただいた例の里山です。直前に行くことに決めたのでリサーチ不足でちょっともったいないことをしました。青も元も皿も見れませんでした。

投稿: はるきょん | 2013.06.24 22:01

皿はギリギリですかね。場所はちょっと難しいです。今度会いましたら詳しくお教えしますが今年は無理ですかねぇ。元もかなり局所的です。キイトトンボもオオムラサキももう出ているかと。たぶん1回だけではなかなか奥まで手が届かないかと思います。

投稿: 虫好き | 2013.06.25 21:47

虫好きさんこんばんは。黄だけは見れました。もっと近かければ時間をかけて開拓したくなる環境ですね。まずはもっと下調べですね。川の方もですが。

投稿: はるきょん | 2013.06.25 22:15

川の方は一昨年の台風で地形がかなり変わってしまい、本、青、長がいた石ころゴロゴロの川原がほとんどなくなって堰の上流側だけになってしまいました。対岸に少し残っていたので7月に調査(大袈裟)に行こうと思います。黄は見られたんですね、あそこでは知っている限りでは2箇所で見られて、そのうちの1箇所は元と同じ場所にいて捕食していました。去年の話ですが。

投稿: 虫好き | 2013.06.26 22:01

黄はちょっと離れたところだったので、見つけてびっくりしました。川はちょっと上流すぎたようです。両岸が断崖絶壁だったのでcoldsweats01

投稿: はるきょん | 2013.06.27 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒオドシチョウ? | トップページ | ドウガネサルハムシ@新治市民の森 »