« 道志水源林ボランティア報告#51 | トップページ | シロオビアワフキ羽化直後個体 »

2013.06.15

ホソミオツネントンボ♂

R0093018

神奈川県西部の山里に行ってきた。山あいの川沿いでは田植えがちょうど終わったころのようで、幼いイネが風になびいていた。アプローチ可能な一枚の田を選びざっと観察してみたところ、まず眼に入ってきたのがギンヤンマ♂、素晴らしいスピードで田んぼを支配していた。この田んぼ水面の上空5cmから5m以内の領空を飛ぶ2cm以内の昆虫はすべて俺の餌である!みたいな勢いで飛び回っていた。ついでシオカラトンボ♂。上空をツバメ。山からサンコウチョウの声が響いた。そして双眼鏡で水面に眼を凝らすといきなりホソミオツネントンボ♂。そしてクロイトトンボ♂。しばらく観察するとホソミオツネンは交尾態も発見。だが遠くて撮影出来ず。天気が良く気温が比較的高かったせいかすごく元気に飛び回り、落ち着きがなく撮影は全体に難しかった。写真は別の湿地のもの。
オツネントンボがまだ未見なので、早くどこかで見つけたい。
6月8日、神奈川県西部にて

R0093016

|

« 道志水源林ボランティア報告#51 | トップページ | シロオビアワフキ羽化直後個体 »

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

神奈川県西部」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさんこんばんは。happy01

こんな美しいトンボがこの世にいるなんて知りませんでした。びっくりでした。40年以上生きていてもまだまだ知らないことがあるんだと感動でした。一生に一回見ることできるかな。

投稿: てまり | 2013.06.15 19:32

てまりさんこんばんは。越冬中は地味な枝色ですが、春になるとこのように綺麗なトロピカル風模様に変身します。彼らの一番いい時期でしょう。横浜市内ではほとんど見られませんが、行くところに行けばうじゃうじゃいるんですよね。そういえば新治で一度だけ越冬個体を見たことがあったのでした。リンクしときます。今日は新治で初めてミドリシジミを見ることが出来ました。翅を開きませんでしたが。

投稿: はるきょん | 2013.06.15 20:08

今晩は、先日は色々教えていただきありがとうございました。今日出張先の盛岡で帰り際にのぞいた池でオツネントンボを見つけたので撮ろうと思い近付こうとするとこっちでもまだ出て来てないモートンイトトンボが飛び出しビックリでした。もちろん両方撮りましたwink

投稿: 虫好き | 2013.06.17 22:01

虫好きさんこんばんは。出張先にカメラ持参で、帰りがけに池によってオツネンとモートンを撮る...ですか。なんていいお仕事なんでしょうかgood。いいなぁ。そういう条件ならばどんないなかにでも行きたいところです。あの後、教えていただいた緑は見れませんでしたが青が見れました。

投稿: はるきょん | 2013.06.18 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道志水源林ボランティア報告#51 | トップページ | シロオビアワフキ羽化直後個体 »