« ツバメの巣 | トップページ | ミヤマアカネ@道志村 »

2013.08.11

2020度参りチャレンジラン

R0094879

2月に東京タワーの階段ランをやって以来半年ぶりにまた行ってきた。
ただし、今回は東京都の2020年のオリンピック招致活動の一環として展開されているイベントに乗っかってのこと。これが「2020度参りチャレンジラン」である。
簡単に説明すれば、東京タワーのラブスポで参加登録をし、芝公園を一周走り、ついでに東京タワーの外階段を登って大展望台にある神社で「東京が選ばれますように+α」をお祈りし、ラブスポに戻ってゴールし、用意されたキャンドルにペンでメッセージを書き、Tシャツをもらって終わりというもの。これの参加者が2020人になるまで実施中なのだ。
ラブスポで着替えたり、シャワーを浴びるために500円必要となるがそれ以外はただである。階段ランの時は東京タワーの展望台には入れないが、今回は入れるので景色を楽しんだりすることも可能なのでお得だ。
ラブスポの施設利用料はビジター700円なので500円はお得。つまり東京招致委員会(?)の予算によるイベントなのだろう。

というわけで、事前に予約をしてから参加してみた。当日は東京タワーは子供連れでものすごく混雑していたが、平日の11時ちょい前ということでラブスポは閑散としていた。
簡単な登録をしてから着替え、ポケットに賽銭を入れ、日焼け止めをたっぷり塗って外に出て走り出した。外はものすごく蒸し暑く、走るのに適切な条件ではなかった。うろ覚えのコースをたどって、プリンスホテル、増上寺などぐるっと回り、あっという間に戻ってくる。大した距離ではなかったが東京タワーまでの坂が結構きつかったので、もう汗びっしょりになった。ふたたび階段で建物屋上までのぼり、タワーの外階段である。入口の係員に手首に巻いてもらっている紙製のリストバンドを見せてから一気に駆け上がる。今回は一般客も登っているため時折追い越すのに手間取る。幼児が元気に階段を上っていた。また、赤ちゃんと抱いたお母さんも元気に登っていた。暑いこともあり、今回は180段以前でばててしまい、あとは速足程度で一段づつののぼりとなった。
大展望台は涼しく、あちこちの風景をデジカメしておいた。うわさのルックダウンウィンドウで撮影(写真下)しすこしぞっとしてから、さらに大展望台二階の神社にのぼり、パンパンと祈願をして、あとは一気に階段を駆け下りた。ラブスポに戻り、あまりにも汗だらだらだったため一息ついてからコップに入ったキャンドルにメッセージを書いたが、まだ汗が止まらなかった。また手が震えてきれいにかけなかった。最後に「はるきょん」とサインしておいた。Tシャツは五輪に合わせて、赤青黄黒緑の五種類から選べたので普段選ばない赤にしておいた。ちなみにサイズは選べずすべてLのようだった。このTシャツはマラソン大会で配られるようなラン用のものではなく、いわゆる普通の綿のTシャツで胸に「Run for 2020 TOKYO」とでっかく書かれているシンプルなデザインだ。
そして最後にラブスポ正面にあるパネルを背にスタッフのお姉さんに写真を撮ってもらった。自分は413番目となった。2020人までなのでまだ1600人ほど参加可能であるが、はたして2020人まで行くのか心配である。一人で何度も参加してTシャツを5色集めてもらってもよいとのことだが、この暑さが続くとちょっとそんな奇特な人も少ないだろう。今回はこの記事で少しでもこのイベントのことを知ってもらい参加者が一人でも増えてくれることでさやかな貢献になるということに期待したい。
ちなみに、自分の走った距離は2㎞を超えており、あとでチェックしてみたところイベントで指定されているコースを大きく間違えていた。プリンスホテルを余計に回ったようだった。ま、これはご愛嬌ということで。
後で気づいたが、
・大展望台からの下りは階段ではなくエレベータで降りることもできた。
・階段ランをもっとしたいなら階段を何度も上り下りすることもできる。
 ただ、ラン専用ではないので一般客がいる。

さて、イベントはこれで終わりだが、せっかく都心まで来たのだからこれで帰るのはもったいないということで、引き続き皇居を走ってきた。ちょうど12時過ぎだったのでオフィス街では昼飯にありつこうとするサラリーマンの群れがどっと通りに出てきたタイミングにぶち当たり、とても走りづらかった。慈恵会医科大、官庁街などを抜けてやっと皇居にたどり着く。昼休みなのでランナーはとても少なかったが、この蒸し暑い中を走る少数のランナーは根性が座っているようで、みな短時間で走り終えたいようでぶっとばしていた。自分はすでにへばり気味だったのでキロ5分半程度でぐるっと回る。途中、代官町の交番横、千鳥ヶ淵公園、桜田門でいちいち給水し、ウェア・帽子をじゃぶじゃぶに濡らした。あまりにも暑いので一周でとっとと帰路につく(逃げ帰ったというのが本当かも)。日比谷公園わきの歩道は日陰でかつ、木々から冷気が流れ出しており、劇的に涼しかった。しかしそれ以外はコンクリート・アスファルトなので異様なほどの熱気をはらんでいた。愛宕神社の急階段(出世の階段というらしい)を駆け上ってもいいかなと事前に考えていたのだが、すでにそんな気力も体力も残っておらず、へろへろでなんとか東京タワーにたどり着けた。コンデジを持って走ったのだが、汗でベッタベタになってしまった。
街じゅうがコンクリートとアスファルトで覆われている都心部と、自分がいつも走る鶴見川土手や新横浜公園では同じ気温でもまったく違うことが実感できた。川や遊水地の水、土、河原の植物がどれだけ水蒸気を出し、それによって気化熱として周りから膨大な熱をうばっているか。普段はあまり気づかないが、今回はその有難味を体感した。

ラブスポでは時間をかけてシャワーを浴びてさっぱりし、六本木までふらふら歩いて、一蘭で昼飯とし、フジフィルムのギャラリーをゆっくり見学してから電車で帰宅。自由が丘で途中下車し、鉢の家本店に寄って八の日餅を求めたが、15時すぎなのに「売り切れました」と非情なお答え。楽しみにしていたのにがっかり。別の店(渋谷や都立大学の支店)まで戻る気力もなくそのまま帰宅した。

コース:東京タワー~芝公園一周~東京タワー階段のぼり降り、距離:2.4km、タイム:18'49"、ロスタイムかなりあり、平均心拍数:153、最高心拍数:172

コース:東京タワー下交番~皇居一周~同交番まで、距離:10.1km、タイム:1:2'16"、ロスタイムかなりあり、平均心拍数:157、最高心拍数:174、ラン後体重:○3.9kg

8月8日、東京タワーにて

R0094853

R0094869

|

« ツバメの巣 | トップページ | ミヤマアカネ@道志村 »

スポーツ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

★特選記事★」カテゴリの記事

皇居」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。東京タワー階段ラン、お疲れ様です。まだ1600人ほど可能と言われても、絶対無理ですぅ コケて怪我をするのが関の山。招致活動を盛り上げるのは、健脚さんにお任せします。でも、東京タワーには久々に上りたくなりました

投稿: 小鉄 | 2013.08.13 10:50

小鉄さんこんばんは。ほれほれ、登りたくなってきたでしょ?話のタネに是非行って来てください。たまにはこういうイベントも刺激になりますよ。昨日時点で700人を超えているそうです。暑いので短時間でかなりの負荷をかけられます。あるいは、ゆるゆる走って登ってもぜんぜんかまいません。幼児でも登っていますので危険はありません。しっかりした階段です。

投稿: はるきょん | 2013.08.13 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツバメの巣 | トップページ | ミヤマアカネ@道志村 »