« コナラシギゾウムシ♂が我が家に来訪 | トップページ | ナツアカネ♂@北八朔公園 »

2013.09.02

ハネナガイナゴののどちんこ@北八朔公園

R0095176

バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑を何気なく読んでいたとき、ふと「イナゴのノドチンコ」という囲み記事が目に止まった。イナゴ類の前脚付け根の間に突起があるのだという。つまり前胸腹側中央部に突起があるということだ。
土曜日、なかなか去らない猛暑の中、朝一番で北八朔公園に行ってみた。秋のトンボが来てないか探すのが目的だった。しかし一番に確かめたかったので、最初に見つけたハネナガイナゴ透明ケースに収容して外頭部をチェックしてみた。
ちょうどの場所に突起物があるのが分かった。ま、思っていたのと違って先端がやや凹んでいる。いったいどういう意味があるのかさっぱり見当もつかないが、とにかく存在を確認できて一安心。しかし、わざわざこんな部位を撮影するのはよっぽどの暇人だなと自然と笑いが出てしまった。
いちおう念のために付け加えるが人間の喉にあるのどちんこ(正式には口蓋垂)とはまったくなんの関係も無いのはもちろんのこと。ただ形状が似ているということだ。
この際ついでに良く見ると口の下に細く短い2対の何かがあるが、これは餌を食べるときに使うものと思うが、いったい何というものだろうか。調べて見たい。
下が全体像。後脚よりも前翅が長い。撮影後はすぐに放免させていただいた。
8月31日、北八朔公園にて

R0095173

|

« コナラシギゾウムシ♂が我が家に来訪 | トップページ | ナツアカネ♂@北八朔公園 »

バッタ類」カテゴリの記事

北八朔公園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コナラシギゾウムシ♂が我が家に来訪 | トップページ | ナツアカネ♂@北八朔公園 »