« イソヒヨドリ♂第一回冬羽@三浦海岸 | トップページ | ピザーラ・クア・アイナカップ@三浦海岸 »

2013.11.29

イシダタミヤドカリ@三浦海岸

R0097008

三浦海岸の浜を歩くといろんなものが落ちている。カモメが見えないときにはカモメの羽とかタカラガイがないかやはり探してしまう。だが見つかるのは貝殻だ。中身が入っているモノはほとんど無いし、そもそも生きているものなど見たことがない。
今回、それが奇跡的に見つかった。巻貝からエビ色をしたヤドカリが顔を出していたのだ。そっと持ち上げて撮影しても動かないので最初死んでいるのかと思ったが、撮影するうち、自力で貝から抜けだしたのでびっくりした。ヤドカリの全身を見たのは初めて。この貝は漁師が沖で採ってきたものが捨てられたものかもしれない。
調べてみたところイシダタミヤドカリではないかと思う。なお、このヤドカリは残念ながらその後死んだ。すでに瀕死だったようだ。
11月24日、三浦海岸にて

R0097013

|

« イソヒヨドリ♂第一回冬羽@三浦海岸 | トップページ | ピザーラ・クア・アイナカップ@三浦海岸 »

ビーチコーミング」カテゴリの記事

三浦市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにお邪魔します。
ヤドカリの中身を見たのは初めてかもです。
なるほど~巻貝の中身の様になってるんですね。
でないと中に入れないですもんね。
でも自分から貝の中から出てきたのは、
いったいどんな理由なんでしょうね。
危ないと思ったら普通だったら貝の中に引きこもると思うのですが。
貝が小さすぎたのでしょうか。
謎ですね。

投稿: ふるやのもり | 2013.11.30 15:17

ふるやのもりさんこんばんは。このヤドカリは最後の力を振り絞って逃げようとしたのではないかと思います。ところでだいたいの生物の体は左右対称ですが、ヤドカリは違うんですよね。巻貝だけでなく二枚貝もです。今回初めて知りました。

投稿: はるきょん | 2013.11.30 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イソヒヨドリ♂第一回冬羽@三浦海岸 | トップページ | ピザーラ・クア・アイナカップ@三浦海岸 »