« ハイタカ♀幼鳥の翼 | トップページ | カシラダカ@新治市民の森 »

2013.12.22

マガモ1000羽@今津干潟

D0004032

R0097638

和白干潟でも今津干潟でも、マガモの数が非常に多かった。今津ではカモの中で優先種の地位を占めていた。ざっと見て千羽は居たと思われる。超弩級の迫力だった。調査で一時間ごとに全種類をカウントした学生の日々を思い出した。マガモは田んぼで十羽程度がひっそりと餌を食べていたり、こちらの川面に数十、あちらの川に数十、こちらの池に数十、あちらの池にも数十、クロツラヘラサギの塒付近に百ほど、干潟に広く数百、海面にも数百という感じで、いたるところにマガモだらけだった。
カモは一通り種類が揃っていた。ただ、学生時代に当り前だったウミアイサやホオジロガモ、クロガモは見られなかった(双眼鏡しかなかったためかも知れないが)。またカモメ類やシギチがものすごく少なくなっていた。
以前は田んぼだった場所に施設が出来たりしており、大陸に近い貴重な環境を永続させてほしいと思う
二枚目は池で見たマガモ♀の羽ばたき。ブルーの翼鏡を挟んで前後の白い羽縁(次列風切と大雨覆)が目立つ。ものの本によると次列風切は11枚らしいが、この写真では翼鏡を為す羽が9枚ほど見える。その内側は褐色の羽があるが三列との境も分からない。マガモの尾羽の数が分かる写真を撮りたかったが、叶わずちょっと残念だった。下はマガモ♀飛翔。
12月10日、福岡市今津干潟にて

R0097601

|

« ハイタカ♀幼鳥の翼 | トップページ | カシラダカ@新治市民の森 »

福岡」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイタカ♀幼鳥の翼 | トップページ | カシラダカ@新治市民の森 »