« ズグロカモメ@今津 | トップページ | ハイタカ♀幼鳥の翼 »

2013.12.20

ハイタカ♀幼鳥の落鳥

R0097704

R0097705

福岡に帰省中に、知人からチョウゲンボウが窓にぶつかって死んでいるという知らせを聞き、さっそく貰い受けに出かけた。チョウゲンボウの♂だろうか?美しいスレートグレーの尾羽を手に取ってみたい。それとも♀だろうか。もしかして亜種チョウセンチョウゲンボウだったらどうしよう。息せききって駆け付けた軒先で、ズダ袋から取り出された鳥はなんとチョウゲンボウではなかった。全長400mmほど。胸から腹にかけては白く褐色の横斑が目立つ。一見してハイタカ♀と思われた。ガラスにぶつかったため両目とも潰れており痛々しい。眉斑が白い。嘴は鋭く、金属のような固さがあり、これを突き立てられたらどんな肉も穴が開く。また爪は恐ろしいほど尖り、これで掴まれたら小鳥は一瞬で絶命するだろう。このような武装が猛禽の本質なのだ。このハイタカは広い田んぼの中にある一軒家の窓ガラスに衝突して絶命した。この時期、田んぼにはスズメやカワラヒワなどのが群をなして飛びまわっており、それに依存していたものと思われる。
このハイタカはひとしきり撮影した後、しかるべき施設に宅配の手続きをとった。実は尾羽の一枚と風切羽の一枚ほどを失敬しようかとも考えていたのだが、とてもしっかりくっついておりとても外せなかったので断念した。ただ、これは学生時代に一度経験していた(和白干潟でカモを観察中に目の前で猟銃で殺害されたオナガガモ♂の風切羽を引っ張ってみたことがある)ので想定の範囲内だった。
横浜の家に帰宅後、我が蔵書の中で一番巨大で、一番高価な本を使ってこのハイタカを調べてみた。サイズが400mm程度ということから♀。胸から腹部に褐色の太い横斑があることから幼鳥ということが分かった。生後まだ一年経っておらず、二年目の秋に最初の換羽をするという。
12月12日、福岡県にて

R0097700

|

« ズグロカモメ@今津 | トップページ | ハイタカ♀幼鳥の翼 »

★特選記事★」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさんこんばんは。happy01

今日旭谷戸で2匹赤とんぼ見ました。あと3日で君たちはクリスマストンボになれるぞ。
キセキレイも去年と同じくいて、何かくわえてました。トンボ? クリスマストンボ食べないで。
元気そうに飛んでいたので、キセキレイが食べなければクリスマスに見られるかも。

投稿: てまり | 2013.12.21 12:19

てまりさんこんばんは。お~、まだ居ましたか!素晴らしいです。木曜日と金曜日の寒さを生き延びたんですね。連休中にぜひ見に行きたいと思いますhappy01

投稿: はるきょん | 2013.12.21 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ズグロカモメ@今津 | トップページ | ハイタカ♀幼鳥の翼 »