« ムクドリ@鶴見川 | トップページ | セグロカモメ@鶴見川 »

2014.01.28

オナガガモ先割れクン140125@鶴見川

C0041274

C0041690

鶴見川のカモ広場で18日に見つからなかったオナガガモの先割れクンを再び探したところ、久しぶりに見つけることができた。中央尾羽もすっかり伸びて完璧な羽衣となっていた渡来直後の姿と見比べてほしい。
1枚目は右から見ているので先割れが見えない。2枚目のように左から見れば分かる。
羽ばたきの写真を撮れたので初列大雨覆を数えたら9枚確認出来た。最外にもう一枚あるのかもしれない。
次列大雨覆は13枚ほどまで数えられた。便宜的にGCと表すと、GC2からGC12までの先端外弁部にオレンジ色がある。GC1の該当部分は白い。
★雨覆は風切羽の根元の隙間を埋めるための羽なので基本的には風切羽とペアになっていて同じ数あるように思う。しかし根元なので覆うべき全体の幅はだいぶ狭いため数が少なくても良いとも思える。逆に大雨覆(次列雨覆)は幅が狭いため次列風切よりもたくさんるようにも思える。
オナガガモの初列は10枚で初列雨覆が9枚(または10枚)、次列風切は10枚で大雨覆が13枚(かそれ以上)。雨覆の数まで書いてある図鑑は無いので地道に数えるしかないだろう。1月25日、鶴見川にて

C0041552

|

« ムクドリ@鶴見川 | トップページ | セグロカモメ@鶴見川 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムクドリ@鶴見川 | トップページ | セグロカモメ@鶴見川 »