« 謹賀新年2014 | トップページ | 武州稲毛七福神 »

2014.01.02

オナガガモ♂の上尾筒

Img_0089

Img_0080

Img_0083

オナガガモ♂の2枚の中央尾羽はまっ黒いがそれに引き続き根元に黒が左右に広がっている点がどうなっていすのかを突き止めたく、写真を狙ってみたが、なかなかうまく撮れず、しかたなく過去に撮って未発表の写真を漁っていたら良さ気なものが見つかった。ちょうど一年前に撮ったものだ。
黒くて細長い中央尾羽とそれ以外の尾羽が左右に7枚づつあるのがはっきりと分かる。そして尾羽の根元を覆うようにクリーム色の上尾筒(じょうびとう)があり、よく見るとクリーム色と黒にちょうど分かれている。内弁(体の中央側)がクリーム色で、外弁(体の外側)が黒だ。この上尾筒数枚の黒が見事に連なって中央尾羽まで連続した黒が形成されているというわけだ。上尾筒は左右6枚づつぐらいのようだ。それにしても凝ったデザインである。上尾筒の換羽時期はいつ頃なのだろうか。いつの日か拾って手にしたいものだ。
写真は2012/12/31鶴見川にて撮影。

|

« 謹賀新年2014 | トップページ | 武州稲毛七福神 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謹賀新年2014 | トップページ | 武州稲毛七福神 »