« ムクドリの群 | トップページ | ムクドリの嘴の不思議 »

2014.02.06

ヒドリガモ♂@鶴見川

C0042725

C0042737

鶴見川で見たヒドリガモ♂の同一個体。落ち着いて羽づくろいを見せてくれた。ふだんは肩羽と脇の羽の間のポケットから雨覆の白をちらっとだけ見せてくれる。こうして羽づくろいをしてくれると雨覆の純白翼鏡の緑が見える。
初列風切が10枚、次列風切は8枚ほど(ものの本では11枚とある)、三列風切は4枚ほど、黒い大雨覆は9枚、初列雨覆は8枚、小翼羽は4枚。
翼の風切羽は初列が一番下、次列が真ん中、三列が一番上に重なることがよく分かるのではないかと思う。
下から順番に並べると、P10,P9,P8,P7,P6,P5,P4,P3,P2,P1,S1,S2,S3,S4,S5,S6,S7,S8,S9,S10,Te1,Te2,Te3,Te4となる。
2月1日、鶴見川にて

|

« ムクドリの群 | トップページ | ムクドリの嘴の不思議 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムクドリの群 | トップページ | ムクドリの嘴の不思議 »