« カシラダカ♂@鶴見川 | トップページ | ヒメアカタテハ »

2014.02.22

ヒヨドリ@鶴見川

C0043456

C0043457

鶴見川の鯉ポイントにいたヒヨドリ。雪から露出した植物で種を食べていたようだった。雪の時は野鳥も大変だ。
ものの本によると、ヒヨドリの羽は次列6枚、三列3枚、尾羽6枚、初列は11枚。えっ11枚だって?
初列の翼式はP7=P6>P8>P5>P9>P4>P3>P2>P1>P10>>P11
分かりにくいので羽の順番に記すると
P11<<P10<P9<P8<P7=P6>P5>P4>P3>P2>P1
これから最長初列はP6とP7。左翼に見えている7枚はたぶんP1からP7。
右翼で三列が3枚、次列が6枚見えている。
ということで見えていないのはP8P9P10P11。短いP11というのを見てみたいものである。
ヒヨドリも極東にのみ分布する。雌雄の見分けについては手掛かりがない。
Brown-eared Bulbul
Hypsipetes amaurotis
2月15日、鶴見川にて

|

« カシラダカ♂@鶴見川 | トップページ | ヒメアカタテハ »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カシラダカ♂@鶴見川 | トップページ | ヒメアカタテハ »