« ドングリの大量発根に成功 | トップページ | ミヤマセセリ吸蜜@新治市民の森 »

2014.04.06

コツバメ@新治市民の森

C0047065

C0047067

コツバメを見逃すまいと決死の覚悟で新治に行ってきた。晴れの予報だったのが、どういうわけか朝から雨。騙されたと憤りながら空を眺めると、南側が厚い雲で、北側が快晴。ちょうど我が上空までが曇だ。しばらくすると北からの風に押されて?晴れたので颯爽と出かけた。が、異様に寒く手袋を着用した。
さて、新治では6年前に最初にコツバメを見つけたあたりへ行ってみた。動かぬようにじっと佇み、眼だけで蝶を探す。するとまず現れたのはベニシジミ。ついでテングチョウ。止まったのでゆっくりと少し近づいてみたところ、右手側に何かを感じ、そっと視線を向けるとノイバラ?の上に黒っぽいチョウを発見。影のように黒くて小さい。コツバメと直感。日向ぼっこをしているようだ。太陽光を直角に受けるような角度で傾いている。太陽光発電パネルにこういうコツバメ機能が必要だ。
逆光なのと対象が黒っぽいためになかなか合焦せず、焦りながら数枚撮影して、少し近づいたところ、あっという間に飛ばれてしまい、一瞬で見失ってしまった。あ~。そんな、殺生なぁ。
同様な日当たりのよい植物の上や、キブシの花や、タチツボスミレなどの花を探してみたが、二度とみつからなかった。まぁ、とにかく見れて良かった。しかし、コツバメの翅表はこれまで見たことがない。なのでもちろんこの個体がオスかメスかもわからない。
触角は白黒斑になっており、先端部は黒いが、最先端はオレンジ色をしている。
コツバメは早春に羽化して産卵し、孵化した幼虫はひと月ほどで蛹化すると来年の春まで約10ヶ月を蛹のままで過ごす(蛹越冬)という、大変な寝ぼすけな蝶である。一度コツバメの蛹を探してみようかな。
4月5日、新治市民の森にて

|

« ドングリの大量発根に成功 | トップページ | ミヤマセセリ吸蜜@新治市民の森 »

チョウ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさんこんばんは。happy01

コツバメ発見おめでとうございます。good

投稿: てまり | 2014.04.06 21:57

てまりさん、こんばんは。うまいこと見つけることができましてラッキーでした。涙をながずにすみましたhappy01

投稿: はるきょん | 2014.04.06 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドングリの大量発根に成功 | トップページ | ミヤマセセリ吸蜜@新治市民の森 »