« ベニシジミ@新治市民の森 | トップページ | ヒメアマツバメ@新横浜公園 »

2014.04.10

ツバメ飛翔@鶴見川

C0047286

C0047448

土曜日、鴨居人道橋の十九桜と鶴見川土手のシドモア桜の満開具合を見に行ってみた。朝から雨が降ったり晴れたり、曇ったり、また雨が降ったりと忙しい天気だったためかお花見客はやや少なかった。桜はもう少しで満開という程度だろうか。長持ちしてほしいものだ。
さて、鶴見川をチェックすると、カモが見えず、オオバンとカイツブリぐらいと寂しい。ただ川面をツバメが元気に飛び回っており、春を感じる。
土手から下に降りて、水面に近い場所に陣取って撮影してみた。飛翔スピードが速いのと、急に方向転換するのでなかなか枠に入らない。辛抱強くバシバシ撮影するうちにだんだんと飛翔のコースが読めてきた。風上に向かってターンする箇所ではスピードが落ちて撮影しやすくなる。また、時おり水面に嘴をつけて吸水するようだ。
300枚近く撮った中からましなものを紹介する。1枚目では尾羽が片側6枚見え、中央尾羽以外の5枚に白斑が目立つ。最外尾羽T6は引っ張られるような感じで長く伸びている。初列風切は9枚見える。ものの本によると最外初列P10は極短らしいが、まったく見えていない。次列風切は先端が羽軸の部分が凹んでおり、丸い二枚の羽が合わさったようなハート型上部のような形状をしているというので写真からは枚数が数えづらい。6枚らしいが。
尖った翼、細く長い尾羽、黒く引き締まった体。格好良い鳥だ。
2枚目は1枚目とは別個体。背や腰に白い部分がある。翼が褐色味なので昨年生まれかもしれない。
3枚目は尾羽だけクローズアップ(本当は痛恨のフレームアウト)。尾羽は遠目では尖っているように見えるが、良く見ると先端は丸い。また、次列風切の先端の形のハート型が分かりやすい。
4月5日、鶴見川にて

C0047273

|

« ベニシジミ@新治市民の森 | トップページ | ヒメアマツバメ@新横浜公園 »

★特選記事★」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベニシジミ@新治市民の森 | トップページ | ヒメアマツバメ@新横浜公園 »