« 横浜線新型車両の駅スタンプマーク(4/10) | トップページ | ヒラタハナムグリ@北八朔公園 »

2014.05.25

チャスキサンダルラン

コロンビアが数年前に出したチャスキサンダルというのを履いて最近サンダルランをしている。
このチャスキサンダルというのはどちらかというとオシャレサンダルなのだが、ソールが適度に薄いためサンダルランに適しているというわけなのだ。
上のリンクページの一番下に分解図があるので見てほしいが、これのうち使っているのはアウトソール鼻緒部品のみで、フットベッドは未使用、シューレースは別物を使用、鼻緒のビニール管は未使用、サイドの補強部材は未使用、シューレースの固定部品も未使用だ。
使用しているレースは百均で購入した靴ひも。鼻緒のビニール管は新しいひもに合わせて太くする必要があるので東急ハンズで30cmを30円で購入した。最初1m単位かと思って1mくれと言ったが、そんなに要らないので念のために聞いてみたら10cmでもいいですよということだったので、本当は10cmで良かったのだが30cmを購入した。こんな30円なんて買い物、子供が小さかった時のチュッパチャップス以来かも。サンダルのサイズは25cmとした。これでもアウトソールにはいくぶん余裕があり、内側で26cmほどある。ソールの厚みはたぶん4mmぐらいと思われる。ちなみにフットベッドが8mmぐらいだろう、使ってないので関係ないが。
そういうわけで4mmの薄いアウトソールだけで走っている。新横浜公園までと公園内はほとんど舗装されていることもあって、問題なく走れている。サンダルで走るにあたっては、踵(かかと)着地ではなく、ミッドフットあるいはフォアフット着地にしないと痛いので自然とそういうフォームに矯正される。そうすると着地のたびに足裏の縦のアーチ(足底腱膜)とふくらはぎでショックを吸収するのでふくらはぎに非常に負担がかかる。このため筋肉痛がかなり出るが、だんだん慣れてきて平気になってきつつある。
走る時の感覚としてはややつま先立ちして走る感じ。かかとも接地するにはするが、体重は乗せない。このため、着地直前と直後には自動的に非常にデリケートな足の使い方をすることになる。また、股関節、膝、腰のひねりなど総動員して柔らか着地になるように、体の上下動が最小限になるように体全体を調整しながら走ることになる。また、地面に対して敏感になるので路面に注意して走るようになる。自分が心がけているのは、着地で体重が一番乗る瞬間に体全体の重心が着地点よりもほんのわずか前に来ること。ブレーキにならない走り方だ。極端に言うと前に足を出していかないと間に合わずに転ぶような走り方に近い。前傾姿勢を取らないとこれは実現出来ない。
走りはじめなど調子良い時は踵を殆ど着地せずに走ることができるようになってきたが、5kmを過ぎるとふくらはぎに疲労を感じ始め、フォームが乱れてくるのが分かる。これまで走り方などに全く意識が行かなかったので、新鮮な感じで走ることができていて楽しい。ソックスなしの裸足で走るのも子供に戻ったような自由な感じがして止められない。このサンダルランではまだあまり速く走れないが、マラソンペース(キロ5'30")で普通に走れている。またラストスパートでキロ5分を切ることも何度かは出来た。

さて、サンダルランの問題点でもあり、楽しい所はヒモの結び方だ。チャスキサンダルでこれまで4度走ったが、初回は第一第二指の股が痛くて一旦とまって調整し直した。この時は鼻緒から一本出しにしていた。なのでひもの先端部を鼻緒の部品の輪にとおしてから結んで第一第二指の間に収めたのだ。これが指に当たり、ひどい痛みとなったわけだ。
R0099915

2度目は鼻緒部品にひもを通し、2本出しにしてみた。これで下駄のようなひもの出し方になった。この時もひもが強すぎて指の股が痛んだ。ひもの強さの調整が難しい。
R0099977

3度目は鼻緒の部分の両側を糸で縫い合わせてみた。最近針と糸を使うことが続き、やってみようと思ったのだ。これでだいぶマシになった。
R0100067

4度目は東急ハンズで8mmのビニール管を買って来て3cmに切り、鼻緒にしてみた。ビニール管が根元から浮いてきてしまった。足裏への密着が良くて素晴らしく調子よく走れたが、後半第一第二指の足裏根元に豆が出来てしまった。
R0100624

このように毎回工夫を凝らしながら、より快適に走れるひもの結び方を研究している。サンダルランの未完成度を楽しんでいるわけだ。それに対して普通のランニングシューズでは何も考えなくても痛みもなく問題なく走れ、モノとしての完成度の高さを感じる。
それから写真の自分の足をみて思うが、だんだんと汚くなってくるようだ。はだしなので足の裏は毎回ひどく汚れるし、ひもで擦れた部分には小さな傷ができるし、何よりも日焼けするし、ついでに「いざ!小田原」で死んだ左親指の爪も汚いし(これはサンダルランとは関係ないが)などなどで我が御み足は徐々に原住民っぽくなってゆく。最後はタラウマラ族のようになってしまうのかも知れない。

|

« 横浜線新型車両の駅スタンプマーク(4/10) | トップページ | ヒラタハナムグリ@北八朔公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

新横浜公園」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。自然とフォアフットになる、良いかも。今履いているシューズはベアフット感覚を売りにしているのですが、13km超えると親指の爪が死んでしまいますsweat02 サンダルもシューズも、自分に合った紐の工夫が大事ですね。
余談ですが、はるきょんさん、足指が長いし、シュッとしてて羨ましい!

投稿: 小鉄 | 2014.05.29 13:49

小鉄さんこんばんは。小鉄さんもベアフット系シューズでしたか。自分の13代めシューズがだいぶへたってきたため、次期シューズを検討する過程でサンダルに行きつきました。そういえば自分もシューズで一番長い第二指の爪が何度も死にました。ラン後は面倒がらずに毎回ヒモを完全に緩め、使うときには足を入れて踵をトントンしてからヒモを結び、やや固めに結ぶようになってからは爪が死ぬことはなくなりました。でもロングウォークは別でしたcoldsweats01

投稿: はるきょん | 2014.05.29 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜線新型車両の駅スタンプマーク(4/10) | トップページ | ヒラタハナムグリ@北八朔公園 »