« ナナホシテントウ@新横浜公園 | トップページ | 横浜線新型車両の駅スタンプマーク(6/10) »

2014.06.14

クロモンキリバエダシャク幼虫@道志村

R0101114

先月、道志水源林ボランティアに行った時のこと。道の駅どうしでこれを発見。
イモムシの体の中ほどから腕のようなものがにょきっと生えていて振り上げている。これはいったい何だ?頭部にあれば角、尾部にあれば尾角だが、これはいったいなんなのか。
手持ちの図鑑やネットでいろいろ調べたがさっぱり分からず、例の専門サイトで教えていただいた。
クロモンキリバエダシャクの幼虫。この春羽化した成虫から生まれた卵が孵化し、夏まで幼虫の姿ですごし、蛹で越冬し、来春に羽化してやっと成虫になるというわけだ。
先が長いが、捕食者に気をつけて頑張って~と言うしかないな。
一応念のため。左が頭。胸脚が3対、腹脚が2対、尾脚が1対。
5月31日、山梨県道志村にて

|

« ナナホシテントウ@新横浜公園 | トップページ | 横浜線新型車両の駅スタンプマーク(6/10) »

幼虫」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

道志村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナナホシテントウ@新横浜公園 | トップページ | 横浜線新型車両の駅スタンプマーク(6/10) »