« 横浜線新型車両の駅スタンプマーク(10/10) | トップページ | オオトリノフンダマシ@新治市民の森 »

2014.08.25

道志水源林ボランティア報告#58

I0011104

土曜日に道志水源林ボランティア活動に行ってきた。今年の5回目、通算58回目となった。
道志の日は朝がいつもよりも早い。0640時には出発となる。前日が歓送迎会で多少酔って遅く帰宅したため、朝のあわただしさを避けるため少しでも準備をしておこうと作業着上下とスパイク地下足袋を頑張って用意しておいた。
土曜日の朝は多少の余裕を持って出発することができた。ところが、現地について、痛恨の忘れものに気付いて愕然とした。まずは雨具、そしてデジカメと双眼鏡だ。さらに着替える段になって作業用ズボンのベルトを忘れているのに気づいて天を仰いだ。
しかたなく、履いてきたジーパンのベルトで代用。汗でドロドロになってしまうが仕方なし。前夜の準備があだとなってしまった。前日のうちに準備しておいたという余裕が産んだ大失敗だ。
さて、晴天で暑い横浜を出て山梨に向かうと徐々に曇り、16号線も東名も大渋滞であった。土曜日の参加はこれだから避けてきたのだ。雨が降ったり晴れたり、曇ったりと天気が怪しい。
いつもより小一時間遅く到着となった。途中山伏峠の温度計はなんと19度だった。着替えて集合すると雨がザーザー降りはじめ、一同茫然。作業を中止するのか決行するのか?首脳による緊急対応会議が急遽開催され取りあえず決行するが、14時に撤収、昼食は現地ではなくこちらに戻ってからとなった。
現地ではいつものように作業を始めると、雨は止み、天候は問題がなくなった。すきっ腹を抱えて14時近くまでスギだのヒノキだのを抜倒し玉切りし、へろへろで帰着。
横浜市スポーツ広場で遅い昼食をとり、しばし休憩。いつもならここで双眼鏡とデジカメで自然観察なのだが、どちらもないため、肉眼とスマホで草地を散策。収穫は貧しく、オオクモヘリカメムシ、ウスバキトンボの乱舞ぐらい。
道の駅どうしではかろうじてミヤマアカネを撮影することができた。道の駅は観光客が多く、見たこともないくらいににぎわっていた。
帰路の東名も厚木手前から大渋滞となったため、圏央道に逃げ、北里大学病院の脇を通って16号経由で横浜駅に戻ったのは19時40分ごろだった。行きも帰りもバスで時間がかかり超疲れた。
上はオオクモヘリカメムシ。下は道志川のミヤマアカネ♀。望遠にするとやはりアイフォン搭載のカメラでは描写に難が目立つ。
昨年の活動は6回の予定が雨のため5回となってしまったため、今年は7回として挽回するためあと2回の活動予定。これで60回目(6回×10年!)とする計画だ。
さて、帰宅後、忘れていったデジカメを探したのだが、家の中になかなか見つからない。双眼鏡はすぐに見つかった。そもそも触ってもいなかったのだ。しかしデジカメはいったいどこに?まさか、どこかに置き忘れてきたか?
しばしの捜索の結果、なんと道志に背負って行ったリュックの底に見つかったのだ。持って行っていたのだ。あ~二重に愚かな結末に自分でがっくりの一日だった。
8月23日、山梨県道志村にて

I0011124

|

« 横浜線新型車両の駅スタンプマーク(10/10) | トップページ | オオトリノフンダマシ@新治市民の森 »

カメムシ」カテゴリの記事

トンボ」カテゴリの記事

ボランティア」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

道志村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜線新型車両の駅スタンプマーク(10/10) | トップページ | オオトリノフンダマシ@新治市民の森 »