« バケツ稲栽培日記6 (8/17) | トップページ | ヒグラシとセミヤドリガ幼虫@新治市民の森 »

2014.08.18

オオモンクロクモバチ@新治市民の森

C0060192

新治の林道で黒いハチがクモに群がっているのを見つけた。全身真っ黒だが、腹部にオレンジ色の目立つ斑があり、すぐにオオモンクロクモバチと和名が口に出た。
一度調べて悩んだ種はだいたい覚えているものだ。ま、それもしばらくの間。時間が経つと忘れる(笑)。脚には細い棘があり、後脚脛節先端部には長い棘が一本ある。
よく見てみると、どうもクモに喰らいついたままだ。消化液でも注入しているのだろうか。この後、幼虫のために巣まで運ぶらしいのだが、そこまで待っていられなかった。クモにリボンでも結びつけて巣のありかを調べるのも面白そうだ。あるいは引きずってゆくのか。図鑑に巣を見つけるのは困難などと記述されると、妙にチャレンジしたくなるものだ。やらないが(笑)。
8月15日、新治市民の森にて

R0102987

|

« バケツ稲栽培日記6 (8/17) | トップページ | ヒグラシとセミヤドリガ幼虫@新治市民の森 »

クモ」カテゴリの記事

ハチ・アリ類」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バケツ稲栽培日記6 (8/17) | トップページ | ヒグラシとセミヤドリガ幼虫@新治市民の森 »