« ウラナミシジミ♂@北八朔公園 | トップページ | アオアシシギ@駕与丁池公園 »

2014.10.06

イシガケチョウ幼虫@福岡

F0010028

F0010032

F0010035

郷里福岡に二日ほど帰省してきた。二日目に少し時間が取れたので近所を自然観察してみた。とはいえ、いつもの一眼カメラもデジカメも双眼鏡もなし。父親の古めのデジカメを借りて後は肉眼で勝負。
イヌビワ(ホソバイヌビワ?)幼木の葉に食害があるのを見つけ、犯人を探したところ、非常に特徴のある幼虫を発見。イシガケチョウの終齢幼虫だった。
横浜ではまず見られないので嬉しかった。出来れば成虫も見たかったが。
それにしても頭部の2対の角状突起、背の中ほどと後部に黒い突起(しかも棘つき)が目立ち、ちょっと悪魔的
10月1日、福岡県にて

|

« ウラナミシジミ♂@北八朔公園 | トップページ | アオアシシギ@駕与丁池公園 »

チョウ」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はるきょんさん。

いや~幼虫の背中の突起、すごいですね。捕食者に対する防衛なんでしょうけど、何から防御しようとするとこんな形になるんでしょう・・・。coldsweats01

僕もかみさんに対して防衛の意味で突起を借りたいですhappy01

投稿: カリエールの霧 | 2014.10.06 19:36

カリエールの霧さんこんばんは。イモムシハンドブックにはいろんな不思議な形状の幼虫が掲載されていて、その中でイシガケチョウは上位に入ると思います。イヌビワの葉に溶け込んだ色合いで身を隠し、しかしそれと気付いた相手にはびっくりさせるあるいは威嚇ではないかと思います。奥さん相手にはこの手は使えませんねcoldsweats01

投稿: はるきょん | 2014.10.06 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウラナミシジミ♂@北八朔公園 | トップページ | アオアシシギ@駕与丁池公園 »