« ハイタカ幼鳥@鶴見川 | トップページ | 横浜線・根岸線駅スタンプ(2/6)横浜~山手 »

2015.01.15

セグロカモメ150112@鶴見川

C0085516

C0085524

C0085525

成人の日に見た鶴見川セグロカモメ150112。吹きすさぶ強風の中、北風を真正面から受け止めながらカメラを構えて開翼をひたすら待った。
すると風下に10cmほど移動するときにちょっとバランスを崩し、その瞬間開翼してくれた。うまいこと撮れたのでラッキーだった。凍えながら鼻水たらして待った甲斐があったというものだ。
このセグロカモメの特徴としては、頭部に斑は少なめ、嘴は太めで赤斑は鮮やかで黒味は無しなので成鳥冬羽。オス顔。脚は典型的な淡いピンク色。畳んだ初列は先端の白斑が4つ見える。これは経験上P6P7P8P9と思われ、P10はP9より少し短いために隠れているはず。
開いてくれた初列を見ると、P10の先端白斑は小さめでミラーはやや大きめ。P9には内弁にミラーがある。P5の黒は外弁のみにある。P4には黒は無しなので黒は6枚
過去に紹介したセグロカモメと比べてみた。
セグロカモメ141231とは別個体であることは明らか。P10のミラー、P5の黒斑の形が異なる。
20140420個体とは別個体である。P4に黒斑あるため。
一郎とは別個体。P9にミラーがないこと、P5黒斑の形、P4に黒斑あるため。
二郎(140222=130119)と同一個体。P10のミラー、P9のミラー、P5の黒斑が一致するため。
121222個体 とは別個体。P10P9のミラーはよく似ているが、P5の黒斑が内弁に達するため。
1月12日、鶴見川にて

|

« ハイタカ幼鳥@鶴見川 | トップページ | 横浜線・根岸線駅スタンプ(2/6)横浜~山手 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイタカ幼鳥@鶴見川 | トップページ | 横浜線・根岸線駅スタンプ(2/6)横浜~山手 »