« カルガモの瞬膜 | トップページ | ゴイサギ幼鳥@鶴見川 »

2015.02.08

セグロカモメ3個体@鶴見川

鴨居付近の鶴見川では最近3頭のセグロカモメ成鳥冬羽を見ることが多くなってきた。見られる場所は何箇所か決まっている。いっしょにいることはまれでみなソロを好むようだ。翼を広げてくれればP9P10だけで識別することができる。

C0087112
個体1
P10のミラーが先端の白に融合する。P9にもミラーがある。P5の黒は外弁内弁にある。P10はやや短く、いまだに伸長中かもしれない。

C0087828_2
個体2
P10とP9にミラーがある。P5の黒は外弁のみ。

C0088112_2
個体3
P10だけにミラーがひとつある。P10の先端白は非常に小さい。P5の黒は外弁と内弁にまたがる。

頭部を一応並べておく。顔だけで見分けることはまだ出来ていない。
C0087096
個体1
嘴の赤斑がかなり大きい。

C0087794
個体2

C0088014
個体3

2月1日、鶴見川にて

|

« カルガモの瞬膜 | トップページ | ゴイサギ幼鳥@鶴見川 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カルガモの瞬膜 | トップページ | ゴイサギ幼鳥@鶴見川 »