« シドモア桜開花@鶴見川 | トップページ | シメ@鶴見川 »

2015.03.29

ギンヤンマヤゴ@鶴見川ビオトープ

R0107826

R0107832

R0107837

この日朝一番で鶴見川ビオトープに向かった。時間が取れないので短時間できり上げなければならず、超効率的に水中探索を行った。
最初から素手で、水中の枯れたガマの葉などのぐしゃぬるっとした塊をすくい上げては、中にうごめくヤゴがいないかを探す。ヤゴの気持ちになって考えてみると、普段人が来ないところにヒトが来てがさがさやられるのを察知しただけで逃げ出したくなるはずなので、なるべくそっと、そして、足場から離れた場所を掬いまくった。
そして、やっと見つけたのが上のヤゴ一頭。収穫はこれ一頭のみだった。それでも凄く嬉しかった。さてこのヤゴは自分の指、透明ケースとの比較から体長約22mm側棘が第789複節にある。2枚め(擬死している)からギンヤンマ幼虫♂と思われる。翅芽はまだぜんぜん小さく第1腹節にも達しない。これから暖かくなるにつれて急速に成長し初夏ごろには羽化するのではないだろうか。さあ、そろそろトンボのシーズンが始まるぞ。
3月28日、鶴見川ビオトープにて

|

« シドモア桜開花@鶴見川 | トップページ | シメ@鶴見川 »

トンボ」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シドモア桜開花@鶴見川 | トップページ | シメ@鶴見川 »