« アジアイトトンボ幼虫@鶴見川ビオトープ | トップページ | ツバメ初認@鶴見川 »

2015.04.01

3月度ランまとめ-ARES GPSのことなど

R0108012

 心拍計付きGPSランウォッチARES GPS 2080Cを使い始めてからちょうどまる3年で約220回ほど使用した。途中一度基盤不良とやらで交換したが、その後順調だった。だが、先月福岡に帰省して戻った時、時計が狂っていることに気付いた。GPS時計なのに20分も遅れていたのだ。これは前回交換となった時と同じ症状である。今回は保証期間を過ぎており無料交換はしてくれなさそうなので、対症療法で当面の対処としてみた。つまりランするわけではないが、GPSをONにして、locating satelites が完了したらGPS OFFに戻す、それだけだ。思った通りこれで時計はぴったり合った。もう一点、ランでGPSを使ったあとのバッテリーの充電に時間がかかるようになっている。80%からなかなか回復しないので、一晩充電しっぱなしにしてもまだ80%。さらに半日ほど放置してやっと100%になるような具合だ。バッテリーの不具合は個性だと思うので、バッテリーのみで交換できない機種の場合はつらい。自分の場合はアイフォンもスマホもバッテリーは問題ないが、ARESだけが問題だ。
 ARESについてもう一つ、本体をカバーしている樹脂について付け加えたい。そろそろ陽射しが強くなってくると手の甲に日焼け止めローションを塗って走ることになるが、このローションでARESの樹脂が溶けるのだ。最初、ARESの裏面の手先側の表面にぐにゃぐにゃした汚れがついているのを見つけたのだが、よく調べると表面が少し溶けているのだった。しばし考えた結果、日焼け止めに塗ったローションが原因であろうと思いついた。ネットで検索してみると同様の経験をされている方がみつかった。樹脂を溶かすならば肌にも悪いのではないか?と思い立ち、日焼けと日焼け止めローションのリスクをどう評価すればいいのか困っている。とりあえずは手袋使用だな。
 さて、3月度のランは2月度とほぼ同様の内容で合計121kmとなった。コースは福岡の駕与丁公園が1回以外はぜんぶ新横浜公園である。中旬以降はやや暖かくなったため、今シーズン初めて夏用ウェアを使用した。ファイントラックのドラウトエアの半袖だ。これに日焼け止めのアームカバーをした。手の甲までカバーしてくれるので手袋は使わなかった。

3月3日午前、くもり
コース:駕与丁池3周+往復、距離:16km、タイム:1:23'21"(9'43,22'21,21'21,21'13,8'43)、平均心拍数:158、最高心拍数:175、ラン後体重:未計測  距離内訳は1.76km,4.16km,4.16km,4.16km,1.76km


3月7日午後、くもり
コース:新横浜公園3周+往復、距離:15km、タイム:1:16'18"(26'39",25'35",24'04")、平均心拍数:156、最高心拍数:176、ラン後体重:○2.4kg


3月8日午前、くもり
コース:新横浜公園3周+往復、距離:15km、タイム:1:22'55"(28'13",27'39",27'03")、平均心拍数:140、最高心拍数:154、ラン後体重:○2.5kg


3月11日午後、晴
コース:新横浜公園投擲場11周+往復、距離:15km、タイム:1:20'04"(27'01",27'02",26'01")、平均心拍数:152、最高心拍数:173、ラン後体重:○2.2kg


3月14日午前、くもり
コース:新横浜公園内周回+往復、距離:15km、タイム:1:22'21"(27'52",27'35",26'26")、平均心拍数:141、最高心拍数:155、ラン後体重:○2.0kg


3月21日午後、くもり
コース:新横浜公園3周+往復、距離:15km、タイム:1:18'37"(26'56",26'04",25'37")、平均心拍数:152、最高心拍数:168、ラン後体重:○2.5kg


3月22日午前、晴
コース:新横浜公園3周+往復、距離:15km、タイム:1:20'56"(27'10",26'57",26'53")、平均心拍数:149、最高心拍数:162、ラン後体重:○2.0kg

3月28日午後、晴
コース:新横浜公園3周+往復、距離:15km、タイム:1:22'03"(27'33",27'29",27'01")、平均心拍数:154、最高心拍数:169、ラン後体重:○2.0kg

|

« アジアイトトンボ幼虫@鶴見川ビオトープ | トップページ | ツバメ初認@鶴見川 »

スポーツ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

新横浜公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジアイトトンボ幼虫@鶴見川ビオトープ | トップページ | ツバメ初認@鶴見川 »