« アカハナカミキリ@三保市民の森 | トップページ | シオヤアブ♂@鶴見川ビオトープ »

2015.07.20

フタモンアシナガバチ@鶴見川ビオトープ

C0097211

鶴見川ビオトープにギンヤンマヤゴを探しに行ってきた。しかしどうも数年前とは様子が違うようで、羽化殻を二つ見つけただけで、ヤゴは見つからなかった。成虫ではウスバキトンボが一頭のみ。湿地環境は数年もたつと埋まってしまい、乾燥化してしまうものなので、ヤゴの生育状況もまったく違うものになってしまったのかもしれない。
 さて、5月に女王蜂の巣作りを紹介したが、その巣が少し大きくなっていて、働き蜂らしきが集まっていた。フタモンアシナガバチ。前回コアシナガバチ女王蜂と誤って紹介していたので、該当記事のタイトルは訂正しておいた。この程度の微妙なサイズの巣で次世代の女王蜂を残すことができるのだろうか。
7月18日、鶴見川ビオトープにて

|

« アカハナカミキリ@三保市民の森 | トップページ | シオヤアブ♂@鶴見川ビオトープ »

ハチ・アリ類」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカハナカミキリ@三保市民の森 | トップページ | シオヤアブ♂@鶴見川ビオトープ »