« ムクドリの翼@新横浜公園 | トップページ | ツヤアオカメムシ@四季の森公園 »

2016.01.20

ユリカモメの雄たけび@鶴見川

C0137452

C0137459

ユリカモメは個体差がほとんど無いのではないかと思われる。群のほとんどが成鳥冬羽なので一つ一つ見て行くが差があるとすれば頭部のヘッドフォン部分のみではないかと思う。翼にもミラーはないし、黒斑のあるなしなどの差も認められず、個体識別は絶望的だななどと思いながら観察していると、妙にうるさく攻撃的な個体が降りてきた。着地するなり回りの個体につっかかっていった。翼を広げ気味にして頭を下げしかも嘴は上に向けてギャーギャーうるさい声を出す。「ゴルぁ~文句あっかー!あっち行けぇー」みたいな勢い。いったい何なのだこの行動は?さらに他の個体を蹴散らしてから誇るように翼を広げて高らかに声を上げた。勝利の宣言のように。迷惑なヤツだなという感じで他のユリカモメはスペースをあけて見守る。三浦海岸のセグロカモメにもこういう感じの個体が毎年見られたが、これはこの個体の個性なのか、あるいはどんな個体にも見られるひと時の気分なのか。個体の外観での特徴が掴めないのではこれを突き止めることさえできない。
1月16日、鶴見川にて

|

« ムクドリの翼@新横浜公園 | トップページ | ツヤアオカメムシ@四季の森公園 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムクドリの翼@新横浜公園 | トップページ | ツヤアオカメムシ@四季の森公園 »