« 12月度ランまとめ | トップページ | ハクセキレイ♀成鳥冬羽@新横浜公園 »

2016.01.04

オナガガモ足環クン@鶴見川

C0135023

C0135025

 年末の一日は買い出しに費やした。スーパーは大賑わいで客のカゴは満杯で2個3個も珍しくなく、レジの列も長いので、大変時間がかかった。モノの値段も高くなっていると愚痴を散々聞かされる。大晦日も正月もなく店は開いているのでそんなに買い込む必要もないだろうに。ま、年末の気分を味わいたいということもあろう。しかし買い出しは想定していたよりもだいぶ早く済んだため、ちょっとだけ土手を散歩した。カモ広場ではユリカモメが増えていて54まで数えた。これ以外にもあちこちで飛んでいたので総数は70とか80になるのではないか。オナガガモの先割れクンを探してみたがやはり見つからず、今シーズンは渡来しないのかもしれない。さて、それでは個体識別できる子はいないか双眼鏡でひとつひとつチェックしていたところ、足環付きの個体を見つけた。右足にアルミ製らしき足環が光っている。慎重に周囲を回って撮影してみた(これ、結構大変だった)。帰宅後に写真を拡大してみたところ(写真1枚め)

KANKYOCHO
TOKYO JAPAN
 10A78967
 (もしくは30A78967かも)

のように読める。前回の個体の足環は「??967」でオナガガモ♂エクリプスから繁殖羽への移行中だった。この個体はオナガガモ♂繁殖羽なので同一個体だろう。ひと月でこのように立派な繁殖羽に換羽できたわけだ。比べてみてほしい。このオナガガモ♂は足環クンと命名しておきたい。
 これで個体識別できるオナガガモが一頭確保できたわけだが、先割れクンに比べて足環は非常に確認しにくい。特に水面にいる時は全くお手上げだ。上陸していて立っているときでないと見つけることが出来ない。右側肩羽に特徴ある羽があるのでこれが目印に出来るかもしれないが。
12月30日、鶴見川にて

|

« 12月度ランまとめ | トップページ | ハクセキレイ♀成鳥冬羽@新横浜公園 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

明けまして、おめでとうございます。
以前にもコメントさせて頂きましたけいです。
いつも楽しく拝見させて頂いております。

オナガガモの足環、ばっちり撮れてますね。素晴らしいです!
ご存知でしたら恐縮ですが、折角なので山階鳥類研究所に足環の情報を報告してみては如何でしょうか?
一般的な鳥な情報でも、意外と貴重な物だったりしますので。
お節介でしたら済みません・・・。

投稿: けい | 2016.01.04 21:18

けいさんこんばんは。「山階鳥研、足環」で調べてみたところ回収報告の方法が載っていましたのでメールで報告しようと思います。ご教示ありがとうございますhappy01。こういう情報でも何かの役に立つなら嬉しいです。

投稿: はるきょん | 2016.01.04 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月度ランまとめ | トップページ | ハクセキレイ♀成鳥冬羽@新横浜公園 »