« 1月度ランまとめ | トップページ | コガモ♂の水平線 »

2016.02.02

コガモ♂飛翔@鶴見川

C0139140

 これまでも何度もコガモを紹介してきているが、♂繁殖羽の飛翔の大きめの写真は無かった。群での飛翔はあったが。この日はやぼ用のため休みをとったので近場の鶴見川を少し散策する時間がとれた。セグロカモメを観察中に、コガモ♂が眼の前を突然横切ったので偶然撮れたもの。初列風切、次列風切、三列風切、大雨覆、下尾筒脇などの様子が良く分かる。さて、オナガガモ♂の印が肩章だとすれば、コガモ♂の印と言えば水平の白線黒線である。(アメリカコガモは黒線はコガモと同じ水平だが、白線は脇の前あたりに縦にある)
 コガモの水平の白線黒線はいったいどこの羽なのか。白と黒は大雨覆の羽縁と翼鏡にあるが、上の写真からすると白線も黒線も肩羽のようである。ただ、この個体では白線ははっきりしない。翼を広げたあるいは飛翔中の写真と翼を閉じたときの同一個体の写真で確認したいが、なかなかチャンスがない。
コガモ♀はこちら
1月27日、鶴見川にて

|

« 1月度ランまとめ | トップページ | コガモ♂の水平線 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月度ランまとめ | トップページ | コガモ♂の水平線 »