« コクロコガネ@自宅 | トップページ | オジロアシナガゾウムシ@新治市民の森 »

2016.04.29

道志水源林ボランティア報告#67

Img_20160422_104106

Img_20160422_115024

  2005年に初めて参加してから12年めのシーズンになってしまった。これまで毎年だいたい6回ずつ参加しているので今回で通算67回目で、干支が一周したことになる。初回参加の記事を読み返して驚いたことは初回から使っているスパイク付き地下足袋がいまだに使えていることだ。なんという長持ちだろうか。そして思い返すと、何度もどろどろになりながらも、なんと一度も洗っていない。使用の間隔が長いので完全に乾燥するまで干していたのが良かったのだろうか。スパイクピンもまだまだ大丈夫だし、もうしばらくは使えるだろう。これを購入した地下足袋屋のオンラインショップもまだやっていた。
  さて、朝から晴れ、午前中は良い天気だった。午後から曇ってきたが、暑くもなく寒くもなく肉体労働にちょうどいい気候だった。半年ぶりの作業なのでやや緩めに作業をした。昨年の怪我のこともあって慎重に慎重にを心がけた。作業林分は沢沿いの傾斜地で、ヒノキが多かった。だいたいは直径14cm程度の細いものだったがヒノキだけあってとても切りにくかった。一番太いのがスギで24cm。自分が受け持った中では受け口の水平でノコを入れ、途中一度も刃を外さずに切り終えてから、斜めに移りこれまた一度も刃を外さずにそろそろかなぁと切り終えると、斜めの木片がきれいにぽろっと取れて自分でもびっくりした。いつもは切りすぎたり、切り足らずに切り足したりするのだがたまにはこういうこともあるのだ。昼休みの自然観察はほぼ収穫なしだった。昨年はホソミオツネントンボを見つけたので期待していたのだが。ただキビタキがさえずっていたのが聞こえた。他にはミソサザイ、ツツドリ、ウグイス、ホオジロ、キジなど。昨年まで着替えと荷物置き場として横浜市スポーツ広場を利用させてもらっていたが、なんと廃止となったようで使えなくなってしまった。代替地が横浜市水道局水源林事務所の倉庫(?)の狭いところになったため着替え場所がなくなり、作業着姿で関内に集合してくれということになったが、それはないだろう(泣)。少なくとも帰宅時には作業着はどろどろになっている可能性があるので着替える必要があるし。というわけで、自分は普段着で参加し、バスの中で窮屈な思いをしながら着替えることとした。
  徐々に参加人数が減ってきている(みなさん高齢のため)間伐ボランティアだが、初めての参加者も少しはおり、継続参加してくれそうな雰囲気だったのでなんとかプラスマイナスゼロで勢力を保ってほしいものである。
4月22日、山梨県道志村にて

Img_20160422_104302

|

« コクロコガネ@自宅 | トップページ | オジロアシナガゾウムシ@新治市民の森 »

ボランティア」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

道志村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コクロコガネ@自宅 | トップページ | オジロアシナガゾウムシ@新治市民の森 »