« キアシナガバチ@新治市民の森 | トップページ | シオヤトンボ@新治市民の森 »

2016.04.11

ニホンカワトンボ@新治市民の森

C0148010

 今シーズン、トンボの発生の知らせを耳にしているのはニホンカワトンボアジアイトトンボシオヤトンボなど。いずれも例年より早いように思う。そこで自分としてはクロスジギンヤンマの発生を報告してやろうと朝一番で久しぶりの鶴見川ビオトープへ行ってみた。環境はあまり変わっていなかった。きっと羽化途中の個体が見つかると信じて探しまわった。枯れたガマの穂の根元あたりを丁寧に見てゆく。万が一にも羽化途中個体を傷つけたり踏んづけたりしないように前にのみ進む。ゆっくりゆっくり。おかしい。見つからない。羽化殻さえも見つからないぞ。いやいや、まだまだこれからだ。さらに探すこと10分。腰が痛くなったところで諦めた。まだ早かったのだろうか。来週再度挑戦することとして、新治に場所を移した。
 そして、見つけたのがこのニホンカワトンボ。本当に羽化直後の個体で、翅がキラキラ。体色が薄い。少し近づいたところですぐに飛ばれた。異様に注意深い。樹の上に乗ってしまった。双眼鏡で見ると、♂のようだ。翅は全体に褐色味があり縁紋は白い。羽化直後の♂はみなこのタイプだそうだ。やがて縁紋は褐色に変わる。この日の午前に見たニホンカワトンボはこの一頭だけだった。午後まで粘れば、もっと見れたかもしれない。
4月9日、新治市民の森にて

C0148014

|

« キアシナガバチ@新治市民の森 | トップページ | シオヤトンボ@新治市民の森 »

トンボ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キアシナガバチ@新治市民の森 | トップページ | シオヤトンボ@新治市民の森 »