« ゴマダラオトシブミ@新治市民の森 | トップページ | キマダラミヤマカミキリ@新治市民の森 »

2016.06.08

ぱしふぃっくびいなす@横浜大桟橋

R0120542

R0120771

 5/28横浜大桟橋にて撮影。このサイズだととてつもなく巨大!という印象は感じず、まだ親しみが持てる程度の大きさだ。船名がひらがなで「ぱしふぃっくびいなす」というのもいい味を出している。これがカタカナだとそうはいかない。水面下に隠れていて見えないが横揺れ防止の安定翼(スタビライザー)というのを備えているそうだ。しかもこの技術は戦前に日本人が発明したものだそうだ。
 船舶用語はわかりにくいものが多い。取り舵と面舵はいまだにどちらが右か分からないし。ただ、starboard sideが右舷でport sideが左舷ということはわかる。昨年The Guns of Navaroneや HMS Ulyssesなどの船が頻繁に出てくる小説を読んだからだ。今回いろいろ調べていて船の中ほどにある煙突状の突起をファンネルということを覚えた。一番高い場所にあり目立つので船や運航会社のロゴが描かれる。
 写真一枚めは大桟橋に着岸する時のもの。左舷から泡が出ていて着岸方向にゆっくり移動していた。煙も上がっていてエンジンが動いていることが分かる。2枚めは着岸後、赤レンガ倉庫側から撮影。手前に何らかの作業船が取りついていて邪魔だが、調べてみると「愛光丸」という燃料補給船らしい。しかし一体どこから重油を投入しているのか?

船名       :ぱしふぃっくびいなす
IMO        :9160011
船籍       :日本
運航会社:日本クルーズ客船株式会社
総トン数 :26,594トン
全長       :183.4m
全幅       :25m
喫水       :6.5m
巡航速度:20.8ノット
乗客定員:620人
乗組員数:220人
就航       :1998年4月
改装       :-
造船       :石川島播磨重工東京第一工場

|

« ゴマダラオトシブミ@新治市民の森 | トップページ | キマダラミヤマカミキリ@新治市民の森 »

横浜港」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴマダラオトシブミ@新治市民の森 | トップページ | キマダラミヤマカミキリ@新治市民の森 »