2015.08.11

ハサミツノカメムシ♂@三保市民の森

R0112397

 キリギリスを撮影していてすぐ傍で見つけたのがこちらのハサミツノカメムシ♂。尾部の鋏が平行。肩の角が赤くて格好良い。夢中で撮影していると久しぶりに息苦しくなった。コンデジで接写する際は、どうしても息を止めてしまうからだ。そして、この数分の間に数箇所を蚊に刺されてしまった。「蚊に咬まれる」という人はそれだけで出身地を限定されるそうだ。自分は福岡県生まれ育ちだが、刺されるあるいは喰われるとも言うようだ。かまれるは聞いたこともない。
 虫よけスプレーは持参し、事前にシュッシュと手、顔、首、肩、肘などに振りまいていたのに刺されるとは。虫よけ液のついていないわずかなエリアを探して蚊は刺したのだろう。まったく不愉快な昆虫だ。ところが、これで終わらなかった。
 この後、下のハエにしつこく付きまとわれ、異様な執着心で我が上半身にまとわりつき、徐々に数も増えて来たので、小枝を拾って顔の周りをひゅっひゅっとバリア防衛しながら散策を続けたが、何かに心を奪われて防衛作業を止めたとたんにまた寄ってくるので気味悪くなり、最後は脇目もふらずに早足で退散することになった。まったく不愉快な昆虫め。写真下。和名を調べる気も起きない。
8月8日、三保市民の森にて
※追記 下のハエはヤブクロシマバエと思われます。

R0112377

| | コメント (0)

2015.08.10

キリギリス♀@三保市民の森

R0112382

 心待ちにしていた土曜日。朝からうす曇りでしかも風があるのでなんとも涼しい。ところが三保市民の森に着くと昆虫の出ている雰囲気が全くない。陽が射さないとやはり活動が落ちるのか。観察する側は涼しいので元気いっぱいでやってきたのに。
 そのためいつもよりも一層じっくりと探索するため、時間をかけてゆっくりゆっくり回った。下草の葉裏などいちいちめくって探す。しばらくすると手すりに巨大昆虫が鎮座するのを発見。おー、キリギリスだ。日影で涼んでいたようだ。産卵管が無駄に長く見える。これを地面に刺して卵を産みつけるわけだが、こんなに長い必要があるのかといぶかってしまう。正確に言うとヒガシキリギリスになるらしい。最近、普通種がヒガシとニシ、あるいはキタとミナミに分かれる事例が続き、ちょっと困ったことだ。素人では識別できないので、ここはただのキリギリスでもいいと思う。ヒガシキリギリスは翅が短めだそうだ。この個体は長めなのでちょっと違和感はあるが。
 この日みたバッタ類は他にはショウリョウバッタヒメギス幼虫クルマバッタモドキ@新治(写真下)、ツチイナゴ幼虫不明カマキリ幼虫など。
8月8日、三保市民の森にて

C0098350

| | コメント (0)

2015.07.19

アカハナカミキリ@三保市民の森

R0111568

今シーズンはカミキリ類の観察がほとんど出来ていない。ミドリカミキリやノコギリカミキリなどに早く出会いたいものだ。三保ではこのアカハナカミキリだけが見られた。複眼がけっこう大きくて丸いので可愛い感じがする。じっくり撮影したかったが、この後つれなく飛んで行ってしまった。
三保市民の森ではニイニイゼミが鳴いていた。カブトムシを探して歩き回っていたところ(こちらも見つからず)、ニイニイゼミの羽化殻をいくつか見つけた。セミの姿を探すのは大変難しく、見つけられなかった。
7月11日、三保市民の森にて

R0111560

| | コメント (0)

2015.07.18

セアカツノカメムシ交尾@三保市民の森

R0111582

三保市民の森の手摺でセアカツノカメムシを見つけた。交尾中だったが、あまりに暗く鮮明には写すことができなかった点はちょっともったいなかった。大きい方がメスで小さい方がオスと思われる。腹部周囲の黒黄色の模様がなかなか良い。
下はおまけの不明カメムシ。毛が確認出来ないがケブカヒメヘリカメムシあたりか?
7月11日、三保市民の森にて

R0111517

| | コメント (0)

2015.07.12

アカクビナガハムシ@道志村

R0111328

8日は今年4回目の道志水源林ボランティアだった。朝からどんよりした天気で昼からは雨が降ってきた。昼休みに少し散策したが、雨のため昆虫の出は悪いだろうと思ったが、どうしたことか結構いろいろ出てきて楽しかった。上はアカクビナガハムシサルトリイバラの葉で見つけた。
7月8日、山梨県道志村にて
下はおまけで、同種の交尾直前ペア。三保市民の森で。7月11日。

R0111547

| | コメント (0)

2014.07.31

コジャノメ@三保市民の森

C0059770

三保の森の薄暗い林床にいた。後翅根元側の暗色ラインから♂。眼状紋が大きいコジャノメ夏型♂と思われる。暗くてブレた。
下はおまけでゴマダラチョウ@新横浜公園。7月20日撮影。
7月26日、三保市民の森にて

C0059392

| | コメント (0)

2014.07.29

不明蛾3種@三保市民の森

不明の蛾が溜まってきたので最近のものを3種紹介する。
R0101713
道志の間伐ボランティアの時に見つけた蛾。メイガ科だろうと思うのだが、ネットで調べるとマエモンシマメイガ、チビシマメイガ、ウスベニトガリメイガとか似ているようで違うものばかりでさっぱり分からない。ふんぞり返った独特の姿勢が面白い。
7月2日、山梨県道志村にて

R0102304
シャクガ科のエダシャクの仲間だとは思うが、種が多すぎて調べられなかった。
7月21日、三保市民の森にて

R0102397
現地では頭が左右どちらかが全く分からなかった。こうしてPCで見てみると左に頭があり、触角まで分かる。ハマキガ科だろうとは思うのだが、これも種数が多すぎて調べられず。
7月26日、三保市民の森にて

| | コメント (2)

2014.07.28

クロアゲハ@三保市民の森

C0059786

C0059788

三保の日影になった斜面の木陰に大型の黒蝶が飛んだので目を凝らして観察してみたところ、暗い所に隠れるようにとまったので、チョウではないなと思った。
持ち歩いていた小枝を使って枝をそっとどかして肉眼でチェックするとアゲハモドキのようだった。手をつかうのと枝を使うのではだいぶ違うのだ。これSさんからそっと盗んだ技。
なんとか藪に頭を突っ込んで撮影した。ちょっと左翅に破損がある。かすかに後翅の赤模様が見えている。あれ?触角が蝶的だな。後翅の赤斑が少ないし....なんだクロアゲハ♀か。
ジャコウアゲハ、アゲハモドキ、クロアゲハあたりはなかなかややこしい。
今シーズンの虫よけスプレー(フマキラースキンベープミスト)は良く効くようだ。
7月26日、三保市民の森にて

| | コメント (0)

2014.07.27

オニベニシタバ@三保市民の森

C0059766

今週も三保に行ってきた。あまりにも暑いので自然観察は基本的に日影でないと体が持たない。そういう理由で新横浜公園は敬遠し、日陰の多い場所にしたのだ。
しかし収穫は貧弱なものだった。せっかくでかけたのに。暑すぎるからだろう。地味に蛾でも紹介しよう。先週も同じものを見たので、重い腰を上げて調べてみた。オニベニシタバと思われる。
複雑で地味な模様だが特徴的でもある。また和名の由来の部分、シタバつまり後翅を広げると驚くようなベニつまり赤があるのだが、その肝心な部分はまったく見ることができなかった。裏地に凝ったデザインを施すお隠れ洒落上手と言えよう。樹皮に止まっているとまったく目立たず、これに気付くのは容易ではない。飛んで樹皮に止まったのを見つけられたのはラッキーだった。上下の写真は別個体。
7月26日、三保市民の森にて

R0102393

| | コメント (0)

2014.07.25

トゲアリ@三保市民の森

R0102276

三保市民の森の手摺にアリがたくさん歩いていたので一応念のためい撮っておいた。
自宅でPCで見てびっくり。なんだ!この胸の形は。鋭い棘が6本ほどもある。腹は黒くてまん丸。少し調べてトゲアリと判明。実に納得のいく和名。祝!初見。しかし、この棘はどういう実利的意味があるのだろうか。
下は依然一度見たことがあったように記憶するが和名は思い出せない。小さな蛾だが、なんだか綺麗だ。
7月21日、三保市民の森にて
追記7/26 セグロベニトゲアシガと判明しました。多謝>ジャワカ零さん、てまりさん

R0102287

| | コメント (4)