2009.07.03

オオシオカラトンボ@長池公園

Imgp1202
長池公園で見たトンボは、クロイトトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、オオシオカラトンボぐらいだった。オオシオカラトンボは止まっていることが多く、好きな一箇所に留まってひたすら♀を待っているようだった。複眼が葡萄色。シオカラトンボは水色。腹が減れば餌をとり、それ以外は♀を待つという生活。どういうもんだろうか(笑)。下はショウジョウトンボ♂。トンボ池でショウジョウトンボらしきが産卵していたのを見かけたのだが、体色が淡い赤だったのでネキトンボだったのかもしれない。ちゃんと見ておけばよかった。後で気がついた。6月27日、八王子市長池公園
Imgp1210 Imgp1214

| | コメント (0)

2009.07.02

テングチョウ@長池公園

Imgp1224 Imgp1228
これまでテングチョウをちゃんと見たことがない。この春一度だけ新治で見かけたが撮影できなかった。思うにベニシジミと誤認識して見逃しているものと思われた。というわけでベニシジミには最近注意していた。で長池公園の雑木林でこれを見つけたのだ。翅の形が完全でないのと尖っているはずのパルピがよく見えないので最初それと分からなかったがテングチョウに違いないと信じて撮影した。湿った土壌で吸水していた。そして、最後まで翅を広げて見せてくれなかった。いけず。6月27日、八王子市長池公園

| | コメント (0)

2009.06.29

キスジヒゲナガゾウムシ@長池公園

Imgp1246 Imgp1248 Imgp1249
長池公園では思いがけず虫好きさんとバッタリ出会い嬉しかった。行動が似ているのだろうか(笑)。トンボがさっぱりだったので林内を散策していたのだが、竹柵が無いので(泣)なかなか甲虫が見つからなかった。虫好きさんに倣い雑木林で切ったコナラを探してみてやっとゾウムシが見つかった。キスジヒゲナガゾウムシかもしれない。これ一枚しか撮れなかったので確信はない。で、積まれたコナラの下で見つけたのがこれ。大きなアリ。10mm以上はある。見たことがあるのだが、アリだかクモだか、いったい何だったか?帰宅後調べて思い出した。ハチだった。ミカドアリバチ♀。♂には翅があるらしい。どういうことだろうか。林ではキビタキがさえずっていた。だがそれ以上にガビチョウがやかましく鳴いていた。池ではミシシッピアカミミガメがあちこちに。トンボ池にはウシガエル、せせらぎにはアメリカザリガニと外来種が悩ましかった。6月27日、八王子市長池公園

| | コメント (2)

2009.06.27

クロイトトンボ交尾@長池公園

Imgp1253 Imgp1259 Imgp1266
久しぶりに八王子の長池公園に行ってみた。あるサナエトンボを見たいがためだった。京王堀之内駅からせせらぎ緑道をずっとたどって羽化殻やサナエが見つからないか、探して歩いたのだが残念ながら見つからなかった。ちらとサナエらし気を見かけたのだがすぐにどこかへ飛んで行ってしまったので、なんだかさっぱり分からなかった。
で収穫といえるほどのものはなくちょっとさびしい一日だった。トンボ池でクロイトトンボの交尾が見られ、やや近かったので撮ってみた。水面のアオミドロはクロイトトンボの止まり場だった。メスは尾部を水面下の植物にくっつけて産卵しているようだった。交尾中は♂の尾部第8,9節の模様が見えにくいので識別しにくいが、写真ではそれとよく分かる。第8節の青の後ろに黒の三角がふたつ見える。6月27日、八王子市長池公園

| | コメント (0)

2008.08.01

ウシガエル幼体@長池公園

いつの間にか東京マラソン09の募集が始まっていた。来年は3月の開催となり、寒さの不安はだいぶ除外できそうである。ただ、フルマラソンの準備は大変だったので今度は10kmにしてみようと応募してみた。どうせ今年も倍率5倍を越えると思われるので当選は期待していない。

Imgp1591
ウォン、ウォン。あるいはヴォン、ヴォン。長池公園の池からは、あちこちから低くて太くよく通る声でウシガエルが鳴いていた。トンボ池には巨大なオタマジャクシと幼体がたくさん見られた。オタマジャクシが大きいのにカエルになると小さくなるのはどういうわけか?暖かい水の中に完全に浮いて、目と鼻だけ出している状態は、どんなにかリラックスできているんだろうなぁと感じた。前あしも後ろ脚も完全に自由だ。ある意味、極楽なのではないだろうか。近づいてから下手にこちらが動くと、何か妙な不満の声を出してピチョンと水の中に逃げ込まれること数回。これは体長せいぜい5cmぐらいであろうか。オタマジャクシは丸くてぶっとくて10cm以上はあったと思う。成熟した成体は見かけることがなかった。下はおまけのヒカゲチョウ。暗い林床だったのでシャッタースピードが遅かったが手すりに押し付けて撮ったのでブレなかった。地味だけど鮮やかで素敵なデザインだと思う。7月27日、長池公園にて。
Imgp1576 Imgp1582

| | コメント (0)

2008.07.30

トンボ羽化殻@長池公園

Imgp1618 Imgp1619
Imgp1697_2 長池公園の田圃でキイトトンボを探していた時、目に入ったのがこれ。最初はこれから羽化が始まるのかと思った。しかし、観察するにつれ存在感の薄さに気づき、羽化殻と判明した。まだ泥をかぶっていて濡れている。早朝雨が降ったに違いない。手をのばして左手に乗せてみた。さすがに殻だけあってふにゃふにゃしていて形が崩れた。羽化時に背中から延びて残された筋が白く残っていた。イネにしがみついている殻には大きな下顎らしきが見えた。たぶん今朝羽化したものと思われた。シオカラトンボあたりだろうか。ゆっくり調べようと思うが同定できるかどうか甚だ心もとない。下はベッコウハゴロモ。ネイチャーセンター近くのアジサイの葉に止まっていた。久しぶりに見た。左は今回ゲットしたトンボ図鑑2008改訂版。トンボ初心者向けのすばらしい図鑑である。7月27日、八王子市長池公園。

追記:今から思えば羽化殻は拾って持って帰ってくれば良かったと思う。腹部の脇のとげ状の部分などを詳しく見れば種類がわかるのだったorz。7/31。
Imgp1664 

| | コメント (8)

2008.07.27

ショウジョウトンボ♀@長池公園

夏といえば高校野球。今日は北神奈川大会の決勝で慶應VS東海大相模。逆転につぐ逆転の壮絶な延長戦を今、慶應が制した。なんともすごい試合だった。あぁ~お疲れさんでした。
Imgp1588 Imgp1596
八王子市にある長池公園にはこれまで数回自然観察に訪れたことがある。この公園のトンボ図鑑の2008改訂版が出たというので、それを入手するためとトンボを観察するためと最近行っていない長時間運動を行うという3つの目的を同時に果たすために、黒王号を駆って長池公園まで行ってきた。ラン用短タイツ+ラン用長袖メッシュTシャツにリュックを背負って行った。日焼け止めを塗った上から虫よけジェルを塗った。鶴見川水源公園から10分ほどで着いた。1時間20分ほどかかった。
いったん、一通り観察して回ってから図鑑を買いに行った。姿池、築池(つきいけ)、長池、雑木林、トンボ池、田圃など観察して回った。トンボはあまり出なかった。オオヤマトンボ、シオカラトンボ、コシアキトンボ、オオシオカラトンボ、ショウジョウトンボ。それにクロイトトンボらしきがいたが確認できなかった。野鳥ではガビチョウがやたらに目立っていた。池の中にはミシシッピアカミミガメの小さいのがたくさん浮いていた。上の写真はショウジョウトンボ♀ではないかと思う。ウスバキトンボに似るがこれは水平に止まる。後ピンになってしまったがこれしかない。♂はあちこちにたくさんいて張り合っていたが♀はこの一個体のみ。♂♀の比率が異常に偏っているのではないかと疑ってしまう。9:1とか。二枚目が♂。下はおまけのカルガモハクセキレイ。カルガモは今年生まれの幼鳥ではないかと思うが、餌をねだってか自分に寄ってきた。餌を与える人が多いという証拠を表している。いずれも築池にて。7月27日、八王子市長池公園。
Imgp1646 Imgp1650

| | コメント (4)