2010.06.25

アオカミキリモドキ@七沢

R0028422 R0028429
七沢でヤマビルの襲撃からほうほうの体で逃れたあと、畑のクリの花を調べてみたところカミキリがたくさんいた。帰宅後に調べたところカミキリではなくアオカミキリモドキらしい。どこがどうだったらカミキリなのだろうか。カミキリでいいじゃんなんて少し思う。緑色の甲と同系色の複眼が美しい。祝!初見。この時期に咲くクリの花は絶好の観察ポイントである。6月20日、厚木市七沢にて

| | コメント (0)

2010.06.23

ニホンカワトンボかアサヒナカワトンボ♂@七沢

R0028414
ミヤマカワトンボを観察しているとき、ふと左手にイトトンボが止まったので撮影しておいた。最初オオアオイトトンボかと思ったが、どうも雰囲気が違う。まず、いわゆる粉を吹いている点。胸部および腹部の1~3、7~10節が粉で白くなっている。次に川沿いの岩に止まった点。新治でよく見るオオアオイトトンボは植物によく止まり、あまりこういうところに止まるのを見たことがないような気がする。一枚撮ったところで飛んでしまったので尾部を詳細に撮影できなかった。粉の特徴からこれはアオイトトンボ♂と思う。もしかすると祝!初見である。もう少し粘って♀が現れるのを待ちたかったがヤマビルのおかげでこの地をすぐに離れることとなったのがちょっと残念。
★大間違いをしていました。翅の大きさや形などからこれはアオイトトンボでもオオアオイトトンボでもなく、ニホンカワトンボかアサヒナカワトンボのどちらかです。やすさんご指摘ありがとうございました。OH! my god!crying
下はハラビロトンボ♂。川沿いの浅い湿地に一頭だけとまって♀を待っている、いや待ちぼうけをくらっているようだった。6月20日、厚木市七沢にて
R0028476

| | コメント (6)

2010.06.22

ミヤマカワトンボ@七沢

R0028372
R0028394 R0028403
本厚木からバスに乗って七沢(ななさわ)というところに行ってきた。初めてのところなので国土地理院の5万図と2.5万図を頼りに歩いた。川は思ったよりも流れが激しくしかもコンクリート護岸でがっかりする。どんどん上流に向かうと支流にアオハダトンボを発見した。と思った。さっそく川に降りて観察する。翅が茶色なのでミヤマカワトンボだったのでちょっとがっかり。息をひそめて観察すると、オスが数頭飽きもせずに争いを続けている。メスも岩で休んでいたりする。時々水際で産卵をしていた。オスは腹部先端を上に曲げて白い下部を見せていた。アオハダトンボが出ないか待っていたが、出てこなかった。ま、祝!初見である。いろんな行動も見れたので嬉しかった。この日は薄ぐもりで蒸し暑く、午後からは凄い風が出てきて大荒れの天気模様となったが雨が降らなかったのでラッキーだった。写真は上から♂♀♂。
★がしかし、これを観察している最中にヤマビルに食われてしまった。川岸の手頃な岩をよせて椅子代わりにして座って撮影していた時のことである。ふと見た左手の指先にヤマビルがついていてびっくり!右手で引っ張って取ろうとしたがいくらでも伸びて取れない。何度もトライしてやっと左指から捕れたと思ったら、今度はすかさず右指にくっついてしまった。これもまたなんどかトライしてやっとのことで取り去った。背中がぞぞーっとした。その後ふと思いつき、ジーパンの裾をめくってみたらそこにはもう一匹のヤマビルがいたのだ。これも苦労して取り去った。体のあちこちを調べてみたがもう居ないようだった。そして、帰宅後、家族に指摘されてTシャツの肩が血に染まっているのに気づいたのだった。ひえー!リュックやTシャツやらなんやら再度慎重に調べたがヒルは見つからなかった。こういう意味ではとっても気持ちの悪い一日だった。あまりにびびったのでさすがにヤマビルの写真を撮る余裕はなかった(笑)。6月20日、厚木市七沢にて

| | コメント (6)