2016.06.29

福岡市動植物園のデザインマンホール(1/2)

前回、福岡空港からレベルファイブスタジアムまでの案内デザインマンホール11個を紹介した。先月再び帰福した際、今度は動物園の案内マンホールを見てきたので紹介したい。正確には福岡市動植物園デザインマンホールと思われる。地下鉄の薬院大通駅を出たところから浄水通に沿って動植物園までの向かって左側の歩道に設置されていた。全部で11個。分かりにくい場所はないので11個すべて見つけるのは容易と思われるが、一番見つけにくいものを上げるとしたら1個目かもしれない。地下鉄駅から地上に出てすぐに左に向かってしまうと見つからない。地上に出たら目の前のバス停辺りを探そう。11個あるので2回に分けて紹介する順番の関係で今回は後半の5個。動物園までの距離(と地下鉄駅までの距離)が表示されている。#1オランウータンから#10プリンセス・ドゥ・モナコまでは次々に現れるが、そこから最後の#11アジアゾウまでの間隔が異様に長く、行き過ぎたか?見逃したか?と不安になるかもしれない。でも安心あれ。#11は動物園入口近くにある。

#6 965m カトレヤ 230m
Fz06_2

#7 785m アミメキリン 410m
Fz07

#8 730m ハカタユリ 465m
Fz08

#9 725m フンボルトペンギン 470m
Fz09

#10 685m プリンセス・ドゥ・モナコ 510m
Fz10

#11 80m アジアゾウ 1115m
Fz11

| | コメント (0)

2016.06.25

ツチイナゴ

R0121894

実家の庭ではコクワの他にはオニヤンマ、オオシオカラトンボ、ヤマトタマムシ、アシナガバチの仲間、その他見られたが観察器具無しのためちゃんとは観察も撮影も出来なかった。ただオニヤンマは手捕りしたのにデジカメ不携帯で残念。庭を歩くたびに飛んでいたのがこのツチイナゴ。なかなか巨大である。蚊が多いのに、虫よけがなかったため落ち着いていられなかった。
下はおまけのカレハガ終齢幼虫。再発見することができた。下の頭部近くに黒斑があり目立つ。同じ場所に居たので前回と同一個体と思われる。それにしても福岡は蒸し暑かった。
6月18日、福岡県にて

R0121879

| | コメント (0)

2016.06.24

コクワガタ♂@福岡

R0121887

R0121886_2

 福岡の実家で庭作業をした。長靴をはき、作業着姿で、草むしりや枝の剪定、雑木の抜倒、落葉の掃除などを汗びっしょりになりながら襲いかかる蚊に刺されながらがまんして作業した。オオシオカラトンボタマムシツチガエルなどちらちら見ながら。そしてクワガタが出たのでポケットからデジカメを取り出して撮影した。こういう形のクワガタはまことに苦手だ。
 触角の第一節が長く、第二節で直角に曲がる。小楯板の縦横比がほぼ同じ。前胸背板に凹みがない。中脚、後脚の脛節外側の棘は1本。前胸腹板の前脚基節間の盛り上がりが尖らない。大顎の内歯はごく目立たずほぼ中央にある。前翅(翅鞘あるいは甲)にはツヤはなく細かい点刻がある。以上の特徴からコクワガタの中型♂ではないかと思う。見る人が見れば一目で分かるはずだが、自分にはわからないのでものの本に従い識別点を並べると上のようになるのだろう。ちなみにコクワのバックはイボつき軍手(笑)。
 さて、何箇所も蚊に刺されたが、2時間後にはまったく痒みはなくなっていた。どういう仕組みなのか不明だが。念のために液体ムヒを塗っておいた。
6月18日、福岡県にて

| | コメント (0)

2016.06.23

シロホソスジナミシャク

R0121764

福岡の実家の雨戸の戸袋はどういうわけか越冬昆虫に人気があり、カメムシなどよく見つかる。上はその戸袋にいた蛾。非常に特徴的な模様があるので簡単に和名はわかると思っていたが、シャクガ科はとにかく数が多いので、時間がかかった。シロホソスジナミシャク祝!初見。右翅が破損しているのがちょっと残念。
6月12日、福岡県にて

| | コメント (0)

2016.06.21

ツチガエル

R0121753

福岡の実家では庭仕事を少しした。草刈りや枝の選定、落葉の掃除などだ。蒸し暑い中、脚に合わない長靴や合わないズボンに苦労しながら作業をした。そんな中、昆虫やカエルなどが出てくると当然、作業の手を止めて、デジカメで撮影する。庭でゲコゲコ鳴いていたのはこれだったようだ。ツチガエル。体の中央に縦線がある。
6月11日、福岡県にて

| | コメント (0)

2016.06.20

コイチャコガネ

R0121703

福岡の実家は蒸し暑かった。夜、網戸に昆虫がぶんぶん飛んできてバンと当たる音が何度もする。そっと覗いてみたところ、コガネムシっぽかったので、そっと手を伸ばして捕獲し、撮影してみた。まだ頭部に土がついているので羽化したてなのかもしれない。コイチャコガネと思われる。
6月9日、福岡県にて

| | コメント (0)

2016.06.19

カレハガ終齢幼虫

R0121739福岡の実家の庭シリーズ。しだれ梅を愛でていて見つけたのがこれ。結構大きくてちょっとビビる。マツカレハに似ているのでカレハガの仲間だろうと予想して調べたところ、カレハガ終齢幼虫と思われる。翌日再度探したがどうしても見つからず。いた枝をさかのぼってとなりの枝なども探したが結局見つからなかった。もしかすると蛹化していて目立たなかったのかもしれない。
6月11日、福岡県にて

| | コメント (0)

2016.05.11

スカイシー・ゴールデン・エラ@博多港

R0117007

このスカイシーゴールデンエラは今年の3月7日、博多港で見たもの。船体には天海新世紀という漢字表記が見られた。意味的には天海金世紀かなとも思うが、まぁ分かりやすくてなかなかかっこいいと思った。白い船体に紺のウェストライン、トップに紺の煙突?。これセレブリティミレニアムにそっくりである。こちらと比べてみてほしい。さて、博多港への客船の入港予定がこちら。今年一年で361隻はすごすぎる。これを撮影した日は天気が悪く鮮やかな写真が撮れずちょっと残念だった。

船名       :SkySee Golden Era 天海新世紀
IMO        :9072446
船籍       :マルタ
運航会社:スカイシー・クルーズ・ライン
総トン数 :71,545トン
全長       :246m
全幅       :32m
喫水       :7.6m
巡航速度:21.5ノット
乗客定員:1808人
乗組員数:843人
就航       :1995年
改装       :-
造船       :ドイツ

| | コメント (0)

2016.05.04

コスタ・アトランティカ@博多港

R0116862

R0116899

先日帰福した時に博多港で見たコスタアトランティカ。横浜港に豪華客船が入港することは知っていたが、博多港には横浜をはるかに上回るほどのペースで豪華客船が入港していることを初めて知ってびっくりした。なんとほぼ毎日だ。そしてほとんどが上海との間を行き来しては中国人を日本に運んでいるのだ。博多港には朝着岸し、夕方離岸するので一日博多で観光して帰るというパターンである。船内の様子その他についてはこちらをご参照のこと。写真二枚目は博多ポートタワーの上から撮影したもの。博多港に同時に複数台の客船が来るときにはこの博多ふ頭だけでなく、写真右上に見える箱崎ふ頭にも着岸するそうだ。横浜でいえば大黒ふ頭にあたる。

船名       :Costa Atlantica コスタ・アトランティカ
IMO        :9187796
船籍       :イタリア
運航会社:コスタ・クルーズ
総トン数 :85,619トン
全長       :292.5m
全幅       :32.2m
喫水       :8.0m
巡航速度:22.0ノット
乗客定員:2680人
乗組員数:897人
就航       :2000年6月
改装       :-
造船       :フィンランド

| | コメント (0)

2016.04.01

JR九州787系@博多駅

R0116664

R0116665

先日帰省した時に博多駅を何度か利用したが、その時に見た電車が上のもの。最初、黒船電車に似てる!JR九州の電車は派手なデザインのものが多く、どれも魅力的なのだが、特にこれはロボットっぽくてシックでなかなか素敵だ。787系というらしい。よく見れば先頭車両正面に書いてあった。
3月5日、博多駅にて

| | コメント (0)

より以前の記事一覧